<初心者向け観劇ツアー>下北沢の劇場で一緒にお芝居を観ましょう!

川本直人

開催数 1回
5
16日前
体験できること

◼︎体験の特徴
下北沢は若者/古着の街としてとテレビや雑誌などでもよく取り上げられていますが、ライブハウスも数多くあってバンドの登竜門として有名だったり、12万人も動員するカレーフェスティバルなるお祭りが行われたりします。

そして多くの劇場が存在する「演劇の街」としても有名です。

そんな街中にある劇場を巡りつつ、下北の劇場についての説明や歴史、観劇のマナーなどをお話します。
そして一緒にお芝居を観て、演劇を体験をしましょう!
観終わったあとは、お芝居の感想や感じたことをみんなで語り合いましょう!

\お芝居を観るのに難しい知識はいりません/

■当日の流れ
◯演劇グッズ専門店「観劇三昧」に集合
◯まずは、街にある劇場をいくつか巡りつつ、下北の劇場についての説明や、観劇のマナーなどをお話します
◯劇場で実際に観劇(上演時間は90分を予定)
◯観劇三昧に戻りお芝居の感想や感じたことをみんなで語り合う
◯解散

川本直人
ホストの 川本直人 について
直近の開催情報

料金
大人
4,500円

※料金はサービス手数料を含んでいます。

料金に含まれるもの
ホスト代、体験代、保険代(TABICAケア制度)
チケット代金 ※今回は3,000円のチケット料金が含まれております
開催確定期限

7日前の19時

開催日によって異なる場合があります。

開催確定期限まで無料でキャンセルできます。以降のキャンセルは手数料として全額ご負担いただきます。 キャンセルについて
開催成立人数

2人

開催日によって異なる場合があります。

開催確定期限に成立人数に満たない場合、体験は中止されます。
体験の時間
約3時間(前後する場合があります)
雨天時の開催

雨天決行

※雨天時の対応の詳細はこちら

注意事項必ずお読みの上、ご参加ください
○上演時間
約90分の予定です

○チケットの予約
参加が決定したタイミングで、こちら側でご用意いたします。
ですのでお客さま側での手配は不要です!

※当日、取材・撮影などが入る可能性があり、ゲスト(体験者)の方が映り込むことがあります。その場合、撮影内容はウェブサイト等に掲載される場合があることを、あらかじめご了承ください
よくある質問
Q:どんな作品を観に行くんですか?
A:明日からちょっと元気になれる作風が特徴の大阪の劇団です!

○観るお芝居
劇団名:空晴(からっぱれ)
作品「明日の遠まわり」

インタビュー記事 https://natalie.mu/stage/news/336947
空晴ホームページ http://www.karappare.com/

○劇団プロフィール
2007年旗揚げと同時に東京、大阪の2都市公演を開催。
関西圏に関わらず、東京を中心に、全国でも活躍する役者をゲストに迎え、以降連続して2都市公演を開催。
2010年第六回公演にて初めて博多に進出。
以降、年に1度のペースで小倉公演も開催。
2015年には念願の北海道公演も敢行し、全ての地で好評を博す。
前回公演「となりのところ」において平成30年度大阪文化祭賞奨励賞を受賞。
今回の第18回公演「明日の遠まわり」では、劇団初の高知公演を予定している。
旗揚げ以降、全公演、代表の岡部尚子が作・演出。
家族を軸に、普段忘れてしまいがちな、大切な人との繋がりを丁寧に描き出し、ほろ苦い現実から目を逸らさない、ハートフルコメディを展開している。
タグ
集合場所
観劇三昧 下北沢店(印度というカレー店の2階です)