渡辺豪

4.64

開催数 276回
499
約15時間前
この体験のレビュー

でん

2019/3/22(金)

体験できること

【ゲストへのご挨拶】 売春防止法が施行されて60年以上経過しました。当時を知る人や、建物も急速なスピードで少なくなっています。 今後はフィールドワークよりも文献を用いた調査にシフトしていく時代です。 商業出版の本から離れて、自分で調査するテクニックが身につくワークショップです。 遊廓専門書店カストリ書房には、遊廓・赤線に関する資料が約2,500点所蔵しており、遊廓を専門に収集したアーカイブとしては最大級のものですが、戦前昭和期に遊廓は国内に約500箇所、戦後になると赤線を始めとして青線や駐屯地周辺を含めてた売春街が、なんと約1,800箇所存在しました。 全ての遊廓・赤線・その他色街を調査するには、当資料室だけではなく、複数のアーカイブ・データベースを組み合わせて使いこなすことが必要になります。 当ワークショップでは、調査前に必要な目的の整理方法、カストリ書房の資料室の使い方、あまり知られていない国内外の研究機関・図書機関によるデータベースの使い方を伝授します。 これまで全国約400箇所の色街を踏査、資料収集にあたってきたカストリ書房の店長が惜しげもなく大公開します。 丁寧にゆっくり教えますので、遊廓初心者・愛好者も是非ご参加下さい! 【料金に含まれるもの】 ・カストリ書房資料室の2時間利用権利(ワークショップ時間を含みます)

体験を詳しく見る