ぬまづ歴たび

4.33

開催数 3回
12
1年以上前
この体験のレビュー

モッシ

2019/3/2(土)

体験できること

【ゲストへのご挨拶】 一富士二鷹三茄子と言う言葉をご存知でしょうか? 初夢に見るものの中で、縁起のよいとされているものを順に挙げた句で 一は富士山、二に愛鷹(あしたか)山、三は初茄子の値段と 駿河国(静岡県)で高いものを並べた句だという説が有ります。 このたびでは沼津市内の「縁起の良いぬまづ街歩き」でございます。 静岡県沼津市は風光明媚な自然(富士山、愛鷹山、駿河湾、狩野川、など)と 歴史、文化に溢れ、東海道の宿場町(沼津宿、原宿)として、昔から多くの旅人が訪れた街です。 また、一富士二鷹三茄子は所説有りますが、一説には静岡県沼津市で有るとも言われております。 2012年1月6日 沼津朝日新聞に掲載された沼津市説の記事によれば 江戸時代後期に肥前国平戸藩第9代藩主の松浦清(号は静山)により書かれた 随筆集『甲子夜話』(かっしやわ)に記述のくだりと、大正7年に刊行された 『楊原村沿革誌』(楊原村は現在の沼津市香貫地域)のくだりから、導き出しております。 所説有りますが、ぬまづ歴たびではもちろん「沼津説」を推しております。 そんな縁起の良く、風光明媚で歴史、文化の有るぬまづの街を街歩きしながら ご案内致します。 なお、コースにつきましては、昔ながらの「縁起物の福袋」同様「シークレット」 ただし、ご参加頂く皆様にご満足頂ける、また開運となる街歩きコースを 設定させて頂いております。 ご満足頂ける沼津市内の「縁起の良いぬまづ街歩き」です。 【料金に含まれるもの】 縁起の良いものをプレゼントさせて頂きます。 天候次第ですが、晴れていれば「富士山」、それも今の季節は「白い富士山」がみれるかも!?

体験を詳しく見る