つ花セん(tsukasen.)

4.96

開催数 11回
15
約1ヶ月前
この体験のレビュー

夏川ゆうき

2018/9/9(日)

体験できること

【ゲストへのご挨拶】 パソコンやスマホが普及し、「文字を書く」という機会が減ったのではないでしょうか?そんな方におすすめしたいのが、筆を手に持って一文字ずつ無心に記す「写経」ならぬ「写古事記」体験です。習字ではないので「上手な字」は必要ありません。姿勢を正して、ただひたすらに文字を書き写すことで、気分もリフレッシュ! 洲本市宇山の430坪の敷地に建つ春陽荘は、昭和16(1941)年に家相方位学いわゆる「風水」に基づいて建てられました。吟味された材質と匠の技が随所に施され、その優雅さは目を見張るばかり。そんな贅沢な空間をお借りして、筆ペンで書き写していただくのは、般若心経ではなく、日本最古の歴史書「古事記」の原文です。 「写古事記」なんて聞いたことがない!と思われた方、それもそのはず。2016年4月に淡路島が日本遺産の認定を受けたことをきっかけに、2017年11月に私が創り出した、ここだけのオリジナルです。当日は、古事記の冒頭を飾る「国生みの島・淡路」についても、分かりやすく解説いたします。他では決して味わうことのできない、特別な時間をご堪能下さい。 体験後は、併設の甘味処「小梅」の美味しいお茶と和菓子を頂きながら、和やかに談笑しつつ、ゆったりとした時間を共に過ごしましょう。 春陽荘より徒歩15分ほどの所に、紅葉の名勝「名号石」もございます。お時間に余裕がございましたら、体験後にご案内いたしますので、どうぞお気軽にお声かけください。 【料金に含まれるもの】 施設利用料 、お茶とお菓子代

体験を詳しく見る