田邊寛子

5.0

開催数 1回
2
約4年前
この体験のレビュー

tabica_14486

2017/3/29(水)

体験できること

【ゲストへのご挨拶】 まちは、そのまちに住む人の歴史・顔・生き方が現れています。ご自分達の住むまちをすこし違った目でみると、もっと暮らしが楽しくなります。まちを一緒に楽しみましょう! 【集合】京成「柴又駅」 【コース】人車鉄道駅跡→柴又八幡神社→参道→帝釈天→本殿木彫・大客殿(入場料400円) →江戸川堤 【解散】江戸川堤上(空カフェ) ・どんな人におすすめなのか? ・下町文化が好きな人 ・寅さんが好きな人 ・歴史が好きな人 ・なぜこの体験を開催するか? 寅さんを生んだ柴又のまち。 底抜けに明るくいつも誰かの幸せを願ってる。そんな下町情緒あふれる柴又を体感しよう! 江戸時代、庚申信仰の聖地として賑わっていた葛飾柴又。60日に一度の縁日で地元の農家たちが自家製のお米や江戸川堤のヨモギで団子や煎餅を売り始めたのが、参道の始まりとか。矢切の渡しや男はつらいよで一躍全国区になりましたが、今も、街の人は帝釈さまを大切にして暮らしています。 本殿の木彫や大客殿の大庭園(邃溪園)は文化的な価値もあり必見です。 最後は、江戸川堤の空カフェで矢切の渡しを眺めながらゆっくりお茶を。憩いの葛飾時間を楽しみましょう! 【料金に含まれるもの】 参加費 ※交通費、飲食代、入場料などは各自ご負担ください。

体験を詳しく見る