【秋葉原~東京駅】9月18・25日限定‼下を向いて歩こう!マンホール街歩き<街歩き>

東京都 街歩き

4.81

9

小金井美和子

小金井美和子

東京はマンホール蓋天国です。様々な時代の個性ある蓋たちが鑑賞できます。蓋以外にも見どころが本当にたくさん。一緒にお散歩を楽しみましょう!

この体験のレビュー
tabica_13562

tabica_13562

2016/9/18(日)

東京街歩き+マンホール蓋

トピックの対象がマンホール蓋と非常に狭い(素人には)ので、街歩きにマンホール蓋の解説がプラスという意味合いが強いように思います。街歩きが主体と感じると、ルートにもう少しマンホール蓋以外の見所が多いと良いかなと思いました。もしくは境界標とのダブルトピックも面白しろそうです。 マンホール蓋の見方が少しわかったので、これから街歩きの見方が変わるかなと思います。マンホール自体、下水、通信、共同溝と、かなりの割合で同じものが多いので、もう少しレベルアップしないとマンホール蓋オンリーの街歩きは難しいかなと思いました。上記と同じ事ですが、送水口、境界標の話も面白かったので、これらもメイン扱いであると嬉しいです。(街歩きエキスパート養成講座、みたいな感じで。) この企画が1,000円というのは驚き。たくさん歩けて、たくさん見れて、とても充実した2時間でした。

体験できること

街中どこにでもあるマンホール蓋。観察してみたことはありますか。 マンホールって何のためにあるの?円い蓋と四角い蓋の違いは? 中央のマークの意味は?ロスト・テクノロジーの痕跡とは? 【集合】秋葉原駅電気街口を出て右の広場 【コース】赤煉瓦高架橋→気象庁→内堀通り→日比谷公園→文部科学省 【解散】東京駅 ※解散場所は当初「虎の門」でしたが「東京駅」解散に変更になりました。 ・どんな人におすすめなのか? ・下を向いて歩いてる人 ・なにか新しい趣味を探してる人 ・ふらふら散歩するのが好きな人 ・なぜこの体験を開催するか? マンホール蓋愛好家がおすすめの蓋をご紹介しながら歩きます。蓋以外のこぼれ話も。 下を見ながら歩いてみると、いつもの景色も違って見えるかも?