【築115年の古民家でかまどご飯作り体験】元教員が教える「手から始める」暮らしの旅。

滋賀県 ワークショップ

5.0

1

阪本恒平

阪本恒平

ただただ、暮らしを体験する旅です。
消費するのではなく、皆様のご家庭にもぜひ、持ち帰っていただけたらと思います。

この体験のレビュー
あきしお

あきしお

2016/9/11(日)

ステキな田舎の1日

本日はお世話になりありがとうございました。 昔の田舎の自然な日常生活を経験できでとても貴重な1日になりました

ホストからの返信

あきしお さま 先日は遠方からお越しいただきありがとうございました。 本当に私の日常をただ共有するという旅ですが、 それを楽しんでいただけてよかったです。 また、機会がございましたらゆっくりしに来てくださいね。

体験できること

琵琶湖の西側に位置する堅田駅。そこから車で20分ほどの集落にある築115年の古民家で、 機械と自分の手でできることのバランスを探す旅です。 ガスコンロを使わず、自分で火を焚べてかまどでご飯を炊いたり、 そのために必要な薪を自分で割ってみたり。 忘れさられた暮らしの中のあらゆることを、 「自分の手」から始めてみる調和のとれた暮らしを追求する旅です。 ・どんな人におすすめなのか? ★とにかく古い暮らしや考え方が好きな方。 ★日々のルーティンに巻き込まれて、自分らしい時間を過ごせてない方。 ★子育てをされている方。 ★自分のしたいことや進路が決まっていない若者 ・なぜこの体験を開催するか? 時間を短縮するための便利な機械。 その機械を買うために、自分の時間を売って働くことに疑問を感じていました。 さらに、体験から生み出した機械を、体験を抜きに享受する我々は、 どんどん自分の可能性を狭めているように思えてなりません。 過去に戻ることが正しいというわけではありません。 今の世の中に丁度良い、バランスを探していただけたらと思っています。 それが、こどもたちの未来を創るを信じています。 築115年の古民家で手の可能性を一緒に探していただけたらと思っています。

体験を詳しく見る