ひだまり暮らし

4.77

開催数 12回
46
4日前
この体験のレビュー

白Viper

2020/3/24(火)

体験できること

【ゲストへのご挨拶】 味噌づくり13年目!! 原料の青大豆は私たちが無農薬無施肥で栽培しています。 毎年100名以上の方々が参加してくれていて、今年は一般募集は今回のみです。 青大豆の産地で味噌づくりをしてみたい方や、 農ある暮らしに関心のある方のご参加をお待ちしています! 美味しい手前味噌を一緒につくりましょう♪ 自宅と畑をこの日だけ開いて、我が家の「畑からはじまる手づくりの暮らし」を体験していただく1日です。 私たち日本人の食生活に欠かすことのできない味噌。 その味噌を自分でつくってみることで、「手づくりの楽しさ」「手づくりの美味しさ」「手づくりの豊かさ」を存分に感じてみませんか? また、その味噌をたっぷり使った山梨の郷土料理「ほうとう」もつくります。 野菜のうま味と味噌が混ざり合って、美味しくてとても温まるお昼ごはんですよ!! 写真もたくさん載せましたので是非ご覧ください。(キャプション付き) ▼当日体験できること▼ ・味噌づくり ・ほうとうづくり ・畑の見学 ・農ある暮らしのお話 ・これから「自宅近くでシェア畑をやってみたい」「農ある暮らしをしてみたい」などという人向けのミニ相談。(希望者のみ) ▼ひだまり暮らしの味噌づくりの特徴▼ 【原料の青大豆は自家栽培】 無農薬無施肥で自分たちで丁寧に栽培しています。 昔からこの地域で味噌用に栽培されていて、毎年種を取り継いでいます。 【大きな釜戸を使って薪の火で】 直火でグラグラと。とろっとして柔らかく。 【自分専用の桶で仕込む】 みんなでまぜまぜする仕込み方もありますが、お一人ずつ自分の分を仕込んでいただきます。 原料がしっかりと混ざることや、自分自身の常在菌で仕込むことができます。 【約4㎏】 お一人分の量です。味噌をつくることだけが目的ではなく、自宅で毎日の味噌汁として食べてもらいたいという想いからこの量にしています。 【自宅で育てる】 味噌樽を持ち帰り、ご自宅で熟成させます。 晩秋から年末には食べ頃になります。 【失敗しにくい方法で】 「都会のマンションやアパートでも美味しく出来たよー!!」という声を毎年たくさんいただいています。 我が家で体験していただく方の95%は東京・神奈川の方です。 どうぞご安心ください。 【栽培過程の話を聞くことが出来る】 畑の話や栽培のエピソードなどをお話しながら仕込みます。 輸入大豆が原料の多くを占めている現在で、産地や畑のことを知ることも大切なことかもしれません。 青大豆の生産者である私たちだからこそできる体験です。 ▼タイムスケジュール(予定)▼ 10:00-10:20 オリエンテーション 10:20-10:45 畑見学 豆のお話し 10:45-11:30 味噌づくり作業①青大豆ミンチ 11:30-12:00 ほうとうづくり 12:00-13:00 昼ごはん 13:00-14:30 味噌づくり作業②仕込み 14:30-15:30 保存の仕方と農ある暮らしのお話し 15:30-16:00 お茶 & 振り返り 解散 【料金に含まれるもの】 会場使用料、味噌4㎏分の材料代(味噌樽の料金は含まれません)、味噌の試食、昼食

体験を詳しく見る