【京都・大徳寺】日本文化を表す究極の食べ物「寿司」! ~握り体験を通じて歴史と作法を学ぼう~

レビュー0件

奥野典生

奥野典生 ワークショップ
京都府

今では日本食の代表の「寿司」。昔は手軽に誰でも食べる事ができる庶民の食べ物だったんです。そして資源が少ない日本にとって魚という生ものを食べようとした究極の食べ物。そして職人とお客さんの間に信頼関係がないと成り立たない食べ物なのです。そんな日本人でも知らない寿司の作法と歴史をぜひお教えいたします!

【京都・大徳寺】日本文化を表す究極の食べ物「寿司」! ~握り体験を通じて歴史と作法を学ぼう~
奥野典生

ホストの 奥野典生 について

歴代”鮓(すし)”職人の家系に生まれ、職人歴25年以上。 「鮓は素材の目利き、人間性、手際の良さ」で決まる、をモットーに「鮓」を提供しております。 また、現在鮓づくりを通じた『食育』を伝えるために活動中です。 料理をシンプルに考えた時、行き着く先は「すし」です! 素手で作る料理を今一度体験してみてください。

体験できること

料金
大人
6,000円
中・高生
6,000円
小学生
3,999円

※料金はサービス手数料を含んでいます。

料金に含まれるもの
ホスト代、体験代、保険代(TABICAケア制度)
寿司セット(寿司八貫・お吸い物・サラダ) エプロン 保険代
キャンセルポリシー

2日前の17時

キャンセルポリシー以降にキャンセルする場合、キャンセル手数料として体験料金を全額負担となります。
キャンセルについて詳しくは こちら
最少催行人数
最少催行人数は設定されていません

体験の時間
2時間
雨天時の開催:雨天決行
雨天時の対応の詳細はこちら
注意事項必ずお読みの上、ご参加ください
清潔な服装
エプロン(あれば)

集合場所

似ている体験を見る