ましゃえもん

4.8

開催数 47回
64
約3時間前
この体験のレビュー

tabica_2511

2017/5/5(金)

体験できること

【ゲストへのご挨拶】 谷底から古墳のテッペンまで、登降を繰り返しながら、歴史を感じて下さい。 5月の新緑、12月上旬の紅葉が見事です。 等々力渓谷名物 八洲の鈴もなかを準備します。歩き疲れたら、皆でいただきましょう。 この街歩きで体験すること: ① 等々力渓谷は深山幽谷の趣があると云われていますが、本当に趣があるか、現地で確認します。 ② 等々力渓谷の生成過程を考察します。河川争奪で出来たという自然現象説と、江戸時代、人の手で切り開かれたという人工開削説があります。 ③ 古墳のテッペンから何が見えるか、現地で確認します。 ④ 等々力の地名の由来についてご説明します。 ⑤ 尾山台とは小山台からきていますが、どの程度の山と台地なのかお話します。 ⑥ 浄真寺の全ての御堂にお参りして、九品仏という名前の由来を確認します。 ⑦ 浄真寺が建立される前は、奥沢城がありました。城としての証跡が何処にあるのか見てみましょう。 ⑧ 室町時代、奥沢城(現在、浄真寺)へ、多摩川からの物資補給ルートとして、籠谷戸(ろうやと)と呼ばれた低地から、寮の坂と呼ばれた坂道が使われたという伝承の物流ルートを探索します。 ⑨ 国分寺崖線の急坂を上り下りします。若干、疲労感が残ります。 【料金に含まれるもの】 参加費、諸経費、ガイドの熱意 ※現地までの交通費は各自でご負担ください。 ※集合は10分前にお願いいたします。 ※解散後の座談会はツアーには含まれません。食事代などは各自ご負担ください。

体験を詳しく見る