新緑の山の辺の道で、古代史の謎を紐解きながら快適ウォーキング。

4.33

1

坂本 信也

坂本 信也

奈良は僕の第二の故郷ですが、とくに山の辺の道あたりは日本の原点で一番おもしろい。たとえば「まほろば」は実は「ヘソ」と言う意味ですが、なぜそんな言葉があるのか? 山の辺の道を歩けば分かります。  お待ちしてます。

体験できること

新緑の時期に、日本最古の道、山の辺の道の崇神陵から大神神社まで約5kmを楽しくウォーキング。
本物の古墳の上を歩いたり、三角縁神獣鏡の実物を見たりしながら、古代史の謎を分かりやすくご説明します。
ベストシーズンのウォーキングの後半では、名店の美味しい素麺(各自負担)に舌鼓を打った後大神神社にゴールイン。
大和朝廷の成立などこれまで分かりにくかった古代史が、面白おかしく理解できます。

坂本 信也
ホストの 坂本 信也 について
直近の開催情報
この体験のレビュー

4.33 [1件]

内容 5.0 / ホスト 5.0 / 価格 3.0

料金
大人
3,000円

※料金が表示されている年齢の方のみご参加いただけます

※料金はサービス手数料を含んでいます。

料金に含まれるもの
ホスト代、体験代、保険代(TABICAケア制度)
入場料など必要な個所は特にありません。 昼食は各自でご精算ください。
キャンセル期限

4日前の17時

キャンセル期限以降にキャンセルする場合、キャンセル手数料として体験料金を全額負担となります。
キャンセルについて詳しくは こちら
最少催行人数

3人

最少催行人数に満たない場合、体験は開催されません。最少催行人数はキャンセル期限時に判定されます。
体験の時間
10:00~15:00(うち昼食約50分)
雨天時の開催:少雨決行
雨天時の対応の詳細はこちら
注意事項必ずお読みの上、ご参加ください
ほぼ平坦な道ですが、歩きやすい靴・服装でお願いします。少雨決行ですので、雨具をご持参ください。
タグ
集合場所
奈良県天理市柳本町1303−1