山形のおすすめ観光スポットまとめ。美しい秋の景色を満喫しよう

山形はサクランボだけじゃない!絶景・温泉・グルメは勿論、レトロな街並に一風変わったイベントまで見どころ満載なんです。知らないなんて勿体ない!リピート間違い無しのおすすめスポットをご紹介します。

蔵王連峰

写真提供:PIXTA

紅葉・山形といったら絶対に外せないのが、この蔵王連峰。山形と宮城にまたがる連峰の総称で、1700m級の山が連なっています。特に秋は「紅葉」「雲海」「夕陽」「星空」と絶景盛りだくさん。火山湖や温泉、滝見台などスポットも多数あるので、様々な角度から日本の秋を大満喫できます。

蔵王エコーライン

写真提供:PIXTA

ドライバーからの人気を集める「蔵王エコーライン」。デートにも、一人でのんびり走るのにも最高に気持ち良さそうです。

蔵王温泉 大露天風呂

蔵王は温泉地としても有名。蔵王連峰の高地には、野趣溢れる源泉掛け流しの露天風呂があります。紅葉を眺めながらの入浴もオツですね。

山寺と紅葉川

写真提供:PIXTA

「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という有名な句が詠まれたお寺が、山形県山形市にあります。絶壁に建つ宝珠山・立石寺は、まるで山間に浮かんでいるかのような姿です。松尾芭蕉が詠んだのは夏の美しさですが、秋も胸のすくような景色を見ることが出来ます。

境内は広く見応えがあり、期間限定でライトアップが行われるそうです。イベントの日程に合わせてお出かけしてみてはいかがでしょうか。

写真提供:PIXTA

山寺の近くにはトレッキングを楽しめる紅葉川渓谷があります。

銀山温泉

銀山温泉_IGP8821s

出典:INABA Tomoaki

銀山温泉は情緒溢れる温泉街。湯けむりと木造の旅館街、温かなガス灯・・・。思わず写真を取りたくなるようなスポットが多く、お散歩するだけでも楽しそうですね。湯めぐりしながら、秋の景色をのんびり堪能したい方におすすめです。

山居倉庫

写真提供:PIXTA

山を少し離れ、米所・酒田市で町歩きはいかがでしょうか。山居倉庫は、「やまがた景観物語〜おすすめビューポイント33」に選ばれた歴史ある建造物で、現在も農業倉庫として使用されています。倉庫に沿って植林されたケヤキ並木は、夏の高温を防止する役割があるそう。自然を利用した先人の知恵が感じられます。

日本一の芋煮会フェスティバル

あやかさん(@ayaka4923)がシェアした投稿 – 2015 9月 19 7:35午後 PDT

「芋煮」とは里芋・牛肉・こんにゃく・ネギなどを煮込んだ料理の事で、野外に家族や友人と集まり、みんなで鍋を囲んで楽しみます。

JJさん(@natsuumare)がシェアした投稿 – 2015 9月 19 8:43午後 PDT

山形の秋の風物詩と言えるこのイベントを超大規模に行っているのが、「日本一の芋煮会フェスティバル」。なんと6mの大鍋で、重機を使用して煮炊きするそうです!

やまがたビエンナーレ

山形県では、2年に一度「やまがたビエンナーレ」という芸術祭が開催されています。”芸術祭”といっても堅苦しいものではなく、アートを通じて山形の「旬」に触れたり、農家の方との交流イベントに参加したりと、気軽にアートを楽しむことができますよ。山形駅周辺、各所で行われているので、お散歩がてら回ってみるのも良いかもしれませんね。

鶴岡市立加茂水族館

写真提供:PIXTA

こちらは、ギネスに認定されたクラゲ展示種類数世界一の水族館です。幻想的なクラゲを見る事が出来ます。アシカショーやウミネコの餌付けなどが体験できるほか、クラゲを使ったヘルシー料理も堪能できます!

山形観光情報まとめ

いかがでしたか?自然体験や街歩きにぴったりの山形にぜひお出かけしてみて下さいね。

この記事を読んだあなたへ

tabica
TABICAでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、農業体験やものづくり体験、街歩き体験ができる着地型観光を提供しています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしを体験できるような企画内容となっていますので、日常ではちょっと味わえない体験に参加してみませんか?
詳細はこちら

メニュー