【秋祭り】石川・能登でかに堪能!「輪島かにまつり2016」

2015年3月に北陸新幹線が開通し、アクセスが更に良くなった石川県。「兼六園」や「ひがし茶屋街」など玄関口である金沢市も観光エリアですが、少し足を伸ばした輪島市に美味しいお祭りがあることをご存知ですか?石川の名産でもある「かに」を堪能できる毎秋恒例の「輪島かにまつり」です。水揚げされたばかりの新鮮な「かに」をたらふく食べに行きませんか?

【輪島かにまつり】石川ブランドズワイガニを食べよう

出典:輪島市観光情報Facebook

能登半島の北部、輪島塗で有名な輪島市で開催されている「輪島かにまつり」。2001年にスタートし、今年で16回目を迎える毎秋恒例のお祭りです。日本海に面した同市は海の幸も豊富。日本有数のかにの水揚げ港「輪島港」があります。お祭りではどんなかにが味わえるのでしょうか?

【加能がに 香箱がに】

出典:輪島市観光情報Facebook

「加能がに」という言葉を聞いたことがありますか?

これは「石川県産のブランドズワイガニ」のこと。良質で大きなサイズのオスズワイガニで、輪島、富来、橋立、金沢などの水揚げされた港の名前が記された「青いタグ」がつけられます。殻が柔らかく、身や味噌がぎっしり詰まっています。ふっくら、ぷりぷりした歯ごたえと極上の甘みが特徴で、11月上旬から解禁に。日本海を代表する「味覚の王様」とも呼ばれます。

一方、「香箱がに」と呼ばれるものはメスのズワイガニ。「加能がに」より小ぶりでお手ごろ。庶民の味として親しまれています。見た目の華やかさに欠けるため、県外向けにはあまり出回りません。小ぶりな分、味が濃厚で、地元民の間で人気です。近年ではその味が観光客にも人気となっています。

「輪島かにまつり」では、加能がにや香箱がにをたらふく食べることができます!!

【輪島かにまつりの魅力は?】

出典:輪島市観光情報Facebook

なんと言っても魅力は、解禁されたばかりの「石川県産ブランドガニ」を安くたっぷり食べられること!
飲食コーナーではかに汁、かに飯、かに焼き、茹でがに、刺し身、飲み物などが販売されます。炭火コーナーもあるので、買ったばかりのかにを焼いて食べることも!

かにまつり♡ いくりんカッポーと 参戦ーー\( ˙▿︎˙ )/w 最高でしたね。 #輪島 #かにまつり

Hitomi Nishikawa?さん(@hii.cocoa)が投稿した写真 – 2015 11月 14 9:06午後 PST

また、「かに釣り」のアトラクションも大人気。制限時間内なら何匹でも釣り放題です。豪華商品が当たる抽選コーナーや、活がに、茹でがに、地元産品の物販コーナーもあります。

出典:輪島市観光情報Facebook

解禁されたばかりの新鮮な石川のかにを、いろんな食べ方で楽しみましょう!

【今年の情報】

開催日:2016年11月20日(日)

場所:輪島マリンタウン

時間:午前9時〜午後2時予定

問い合わせ:能登わじま海物語実行委員会(0768-22-1485)

この記事を読んだあなたへ

 
tabica
TABICAでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、農業体験やものづくり体験、街歩き体験ができる着地型観光を提供しています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしを体験できるような企画内容となっていますので、日常ではちょっと味わえない体験に参加してみませんか?
詳細はこちら

メニュー