茨城県の観光スポットはココ!観光に詳しい方に聞いてみました

昨今、魅力度ランキング最下位で話題の茨城県。そんな茨城県ですが、観光スポットは県内至るところに存在します。
ですが夏休みをはじめ、休日は大変混み合います。ですが茨城県には知られていない観光スポットが多数存在します。そんな茨城県の観光スポットの中でも特にディープなスポットに絞って、その魅力を実際に茨城県に住んでいる方にインタビューを行いました!

茨城県の観光スポットってどこ??

筑波山

市内に点在する寺院、酒蔵、結城紬、筑波山
ホストネーム:ゆいまち さん
結城市の北部は面積あたりの寺院数が県内ではもっとも多いとされています。
その中でも、寿亀山弘経寺は徳川家康の次男結城秀康の開基のお寺で、
一度も火災にも会わず四百数十年までの建築がそのまま残されています。
浄土宗の関東18檀林の一つでもありました。
隣接する結城酒造は国指定の文化財である安政時代に建てられた蔵や煉瓦煙突などが残っています。
結城紬はユネスコ無形文化遺産に登録されており、町中にいくつもの紬問屋があります。
結城市北部から見る筑波山の姿は結城筑波と呼ばれ、ダイヤモンド筑波を鑑賞する会などが催されています。

笠間稲荷神社 水戸八幡宮
ホストネーム:巴 翔さん
推薦理由:神社と民話がリンクしていたり、歴史を感じることが出来るから。

道の駅たまつくり
推薦理由:
霞ヶ浦で捕れるナマズを使ったハンバーガーのなめパックンが有名です。
それとこの地域でのお祝い事には欠かせない鯉をぶつ切りにした甘露煮と、
珍しい鯉のあらいなども販売してます。
さつまいも農家が多い地域のため安くておいしいサツマイモがあり、焼き芋にして販売もしています。

ホストネーム:かしママ
道の駅さかい 河岸の駅さかい

ホストネーム:まーふぃ
推薦理由:
道の駅さかい・河岸の駅さかいは、圏央道 境古河インターから車で10分ほどの利根川の側にあります。
駐車場はあまり広くありませんが、毎日採れ立ての新鮮野菜やそれらを材料に使った美味しいサンドイッチなどがあります。
また、隈研吾氏設計のブッフェレストラン「茶蔵」も人気です。夏には2万発以上の花火大会も開かれ、大勢の人で賑わいます。
駐車場はあまり広くありませんが、毎日採れ立ての新鮮野菜やそれらを材料に使った美味しいサンドイッチなどがあります。
また、隈研吾氏設計のブッフェレストラン「茶蔵」も人気です。夏には2万発以上の花火大会も開かれ、
大勢の人で賑わいます。

龍ヶ崎市若柴 椿の小径
ホストネーム:まめねこさん
推薦理由:
11月中旬から4月上旬まで、ヤブツバキが
何千、何百と咲き続けます。特に、3月中旬は、小径がヤブツバキの花て赤く染まります。

鹿島神宮
ホストネーム:haru
推薦理由:気持ちがしゃんとします

おすすめの宿泊地域は?

土浦市 ホストネーム:かしママ
推薦理由:
居酒屋やレストランなどがたくさんあるため、夕食には困りません。土浦駅周辺に泊まれば、歩いて居酒屋巡りをすることも可能です。城下町なので小さな店がたくさんあり、はしごするのも楽しいと思います。

水戸南口
ホストネーム:巴 翔
推薦理由:駅から徒歩圏内

御老公の湯
ホストネーム:まーふぃ
推薦理由:
基本的にはスパ施設ですが、ホテル棟もあり、
色々なお風呂を楽しみながら宿泊することが出来ます。
別途料金はかかりますが、貸切風呂や岩盤浴もあり、十分満喫できます。

さしま少年自然の家
ホストネーム:まこっちゃん
推薦理由:
しいて言うなら、駅に近い新しいホテルでしょうか。きれい+便利ぐらいしか思いつきません。

龍ヶ崎市農家民宿半兵衛 おうちカフェ うい庵など
ホストネーム:まめねこさん
推薦理由:観光地化されていない、のどかな里山をゆったり歩いたりして、自然を満喫できます。

大洗
ホストネーム:haru
本文:
海からの日の出が最高です

茨城県って実際に住むとどんなところ?

ホストネーム:ゆいまち さん
茨城県は広いので、地域によって違うと思います。結城市の中心部は自然災害の影響が非常に少なく安全な町といえます。また、隣接する小山市などと比較すると地価も安く、おいしいお米や新鮮な野菜が手に入ります。ベッドタウンとしては住みやすいところです。

ホストネーム:巴 翔さん
非常に住みやすい。

ホストネーム:かしママ
茨城の方言は語尾が上がるので言い方が強く初めは怖い印象を受けますが、実はとても親切で人懐っこい人が多く、知らない人でもすぐに仲良くなります。広大な田んぼや畑、そして湖があり、空が広く、人の心はとてもおおらか。私は東京からの移住ですが、茨城大好きです!

茨城件のディープな魅力に出会える体験サービス「TABICA」

茨城県の観光で困ったらtabicaで体験を予約してみませんか?
従来の観光ツアーでは得られない体験ができるのがtabicaです。
茨城県に関して詳しい知識を持ったホストがみなさまをディープな茨城にお連れします。

茨城県には多くの観光スポットがありますが、休みの時期が重なるとどこも混み合ってしまい、観光するのも一苦労。
tabicaなら2時間という短時間から釣りや街案内、はたまた工芸体験など様々な体験をすることができます。
また家族向けからカップル、はたまた1人向けの体験など、様々な場面でご利用いただけます。

茨城県の体験予約はコチラから!

メニュー