阪口ゆうこの「最古の天満宮で、最高の神道体験!」【体験レポート!第6弾!】

 

こんにちは! TABICALIFE,担当の五反田です。
今回は、TABICAのホストをしていただいている阪口ゆうこさんに体験レポートについて、寄稿いただきました。TABICAの細川(以下、テッセーくん)も一緒に参加させていただいております。ぜひ、ご覧ください。
ブロガーで整えアドバイザーで主婦こと阪口ゆうこと、TABICA創始者テッセーくんとで、体験を通して人生に彩りを加えていこう!というまぁまぁ冒険な企画も4回目。
今回も楽しんで参りましたので、ご紹介いたします。

最古の天満宮で、最高の神道体験!

整えアドバイザーで暮らしブロガーで最近お寺と神社ばっかり行ってる気がする阪口ゆうこと、小銭を持たない阪口のぶんまでいつもお賽銭を出してくれるTABICAの創始者のテッセーくんとで体験を通して人生に彩りを添えよう!というこの企画。今回は本当に彩りたおしてました。

真っ赤だな〜真っ赤だな〜蔦〜の葉っぱが真っ赤だな〜!紅葉の葉っぱも真っ赤だな〜!!
ここは京都府南丹市園部町、日本最古の天満宮こと生身(いきみ)天満宮。
紅葉を見に行こうよう(紅葉)なんてご機嫌な言葉がナチュラルに出てしまう、美しさ満開の中で神道体験「日本最古の天満宮にて、大祓詞の書き写しと奉唱体験で自分磨きをかなえる」に参加してきました〜!

この生身天満宮すごいんです。

ご祭神は菅原道真公。その菅原道眞公が九州に左遷された際、つまりは全国で唯一生きてる間に建てられたという神社なのです。だから「生き身」天満宮なんだそうな。

とにかく一目で最古に納得。めちゃくちゃ年季入ってて雰囲気あります。絶対夜ひとりで来れへん感じです。(コラ)

学業成就、合格祈願、就職出世祈願、・・この御神徳のラインナップはさすが学問の神様、菅原道真公。
そして、この生身天満宮、しごとのお守りの「天晴れる」はご利益があると人気なのだとか。光沢タイプとマットなタイプが選べて800円也。私はマットなタイプをいただいたよ!
皆様是非お求めください。

長い長い石段を登り、透明で清らかな雰囲気の中、ホストの武部さんがお迎えしてくださいました。
「あら〜おはようございます〜!!生身天満宮のネギの武部です〜」
え?おネギ?おうどんに乗ってるあのネギ?
聞けば「禰宜(ネギ)」は神職の役職なんだとか。
「あの食べられるネギ!?って皆さんに言われるんですよね〜うふふふふふふ」
武部さんのほんわかした人柄のおかげで阪口の緊張の糸もぷつ〜ん。

じゃあ早速こちらへ〜と通された「THE 古き良き時代の空間」にて、武部さんのありがたい体験は始まりました。
生身天満宮の歴史や伝統、武部さん自身のこれまでの話や、神職に対する思いや考え方を聞かせていただきました。もともと神社とは縁のない人生だったらしく、会社員から結婚を機に神職に就かれたのだとか。
神職の資格を取るのが大変だったわぁ。なんて、高い声でコロコロと笑われる。

個人的には、どっぷり神職に染まってらっしゃる方ではなく、とてもいい距離感を保って神道と向き合ってらっしゃる方だと感じました。
「日本最古ってすごいことなのに周知されていないことが不思議で。知ってもらうきっかけを作りたいんです。」こんなことを強い表情でおっしゃっていたのが印象的でした。
つまりは、私のような少〜しだけ興味があるというレベルでも全然来て〜!なウェルカムな天満宮なんです。武部さんのお話を聞いて、お堅いイメージは完全になくなりましたね。めちゃくちゃアットホームな神社です。定期的にイベントも開催されてるようなのでチェックしてみてください。

ありがたいお話の後は、メインのひとつである「大祓詞(おおはらえのことば)」の書き写し体験スタートです。
厳かで清らかな気持ちで書くことで神道に触れることが出来る・・なんて素敵!
薄墨色で書かれた用紙を前に気持ちを作って書き出しました。

透き通った空気だけを感じてまさに清らかな気持ちに。
快調快調
なかなかいい感じで書き始めました。

が、
まあまあの音量で何度もお腹が鳴るっていう。
静寂すぎて反響する腹の虫。咳払いするも圧勝の音量をかます腹の虫。
朝、武部さんに会った時におネギいっぱいのおうどんを想像してしまった私。
あぁ神様レスキューミー。
道真公私を助けて。
しかし、困難を乗り越えてにしてはなかなか良い出来だったのではないかと自画自賛。
前半の文字にはない、焦りが後半の文字に露呈してる気もしましたが・・良い経験だった!

その後は本殿の前で大祓詞の奉唱もしました。
書き上げた大祓詞を実際に声を出して唱える体験です。
さっきまで朗らかかつニコニコだった武部さんが、真面目で神妙な顔に変わり、とっても「ええ声」!
間近で迫力のある唱えを聞いて、その声に吸い込まれるような感覚になりましたね。
不謹慎承知で申しますと、武部さんかっこいい!!!!!と脳内パニック起こしました。
あのギャップにはやられた。

今回個人的に素敵だったなと思うのは、やはりホストの武部さん。ウェルカムな空気感を作ってらっしゃるところに魅力を感じました。
神社はコレをするところ。というような考え方は持たず、ぶらっと行きたくなったから行く、散歩がてら参拝する。そのノリでじゅうぶん良いんじゃないかと思わせてくれました。
神様のいるところだからノリでは良くないんじゃないか、そんな風に思って自分から遠ざけていた気がします。それだとこれから先もずっと身近なものにはならないですよね。
まずは行動する、行けば必ず人それぞれ感じるものがありますから。
きっと武部さんならその感覚でもウェルカムで喜んでくださいます。


如何でしたか。お知らせですが、今回のレポートの体験「日本最古の天満宮にて、大祓詞の書き写しと奉唱体験で自分磨きをかなえる」が、以下コードを入力いただきますと、お得に参加できます。

クーポンコード: shindotenmangu(1000円割引)
※先着5名様限定
※予約有効期限2019年1月31日23:59
※開催日がない場合はリクエストで武部由貴子さんと日程調整をしてみてください

また、TABICA LIFE,で記事を書いてみたい!という方はこちらのフォームより、ぜひ申請くださいませ。
(※フリーワードで書ける方は info@tabica.jp 宛てに原稿を送信して頂いても構いません)

今後の阪口ゆうこさんの体験レポートは続きますので、お楽しみに!!