阪口ゆうこの「TABICAで素敵な街・下北沢を知ったよ!な話」【体験レポート!第3弾!】

 

こんにちは! TABICALIFE,担当の浅井です。
今回は、TABICAのホストをしていただいている阪口ゆうこさんに体験レポートについて、寄稿いただきました。TABICAの細川(以下、テッセーくん)も一緒に参加させていただいております。ぜひ、ご覧ください。
ブロガーで整えアドバイザーで主婦こと阪口ゆうこと、TABICA創始者テッセーくんとで、体験を通して人生に彩りを加えていこう!というまぁまぁ冒険な企画も3回目。
今回も楽しんで参りましたので、ご紹介いたします。

TABICAで素敵な街・下北沢を知ったよ!な話

ある日のこと。
「ねぇテッセーくん。今ちょうど欲しかった!って感じの体験とめぐり合うのって運命なんやね。うまく見つからない時あるよね。
知らなかった〜!ドキーン!キラーン!楽しい!みたいなのを探してるんやけどさぁ・・」
まだ3回目にもかかわらず、テーマである「食い気味でしてみたい体験」にぶち当たった私。さすがに早すぎやしませんか。
参加してみたい体験はこんなにも多いのに、ちょうど都合のいい日程での開催がない・・ショボーン。
テッセーくんにウダウダ言いながらTABICAのHPを見る私。
「阪口さん、じゃあこちらからリクエストしてみたらどうですか?TABICAの体験は開催リクエストも出来ますよ!」
「ナナナ!なんと!ちょいと早く言いなさいよ!・・・じゃあ!この体験がいいです!」
なんて、今回は初めてホストさんへ開催リクエストをしてみました。

なんと今回はテッセーくんの体験です!

「初めまして」というなんの面白みもない枕ギャグを互いにスルーしながら、こちらの希望日をメッセージに明記、下北沢路地裏ツアー開催リクエストをさくっと完了!
なるほど。こちらからリクエストという手があるのか、やるなTABICA。
コラムの継続の危機をうっすら感じておりましたが、リクエストシステムがあるなら今後も体験を続けられそうね。希望が見えました。あ〜焦った。

そして当日、意気揚々と憧れの下北沢ツアーDAY!

駅から降り立って街の第一印象は、人多い〜!おしゃれな人ばっかり〜!いや、そうでもない人もいるか(失礼)!
とにかく、古き良きカルチャーの匂いは、このTHE普通の主婦こと阪口でも瞬時に察知できました。憂いや哀愁、情緒、精神的な生命力を一度に感じる街。

土地勘のなさゆえ、待ち合わせ場所に早く着いた私は一瞬で高ぶり、少しウロウロ。
ほんの100メートルほど歩いただけでも入ってみたい触れてみたいお店がいっぱい。
古着屋さん、本屋さん、雑貨屋さん?これは何屋さん?入ってみなければよくわからないようなお店もいっぱい。
ひとつの街を知ることがこんなにも楽しみだなんて、街体験の期待値は集合時間までに準備万端になってました。

辺りが暗くなり始め、気づけば集合時間。

集合場所である駅に戻ると、ホストで相棒のテッセーくんと参加者の皆様がもうすでに集まりワイワイしてました。
まずは軽く自己紹介。
学生さん、町歩きのプロ、OLさん、ミュージシャン。肩書きも年齢も様々な参加者の皆さんに阪口が興奮したのは言うまでも無い。TABICAの醍醐味のひとつは出会いだと思う。
合計8人というなかなかの人数で下北沢散策開始。

「僕プロじゃ無いんで」なんて保険掛け掛けのテッセーくんでしたが、
ムムム、詳しい・・。
路地裏のノスタルジー溢るる飲み屋さん、妖しく魅力的な劇場の数々、活気ある鮮やかで刺激的な週末イベント、テッセーくん御用達のパンチの効いたレコード店。
ゲキ渋だよね!ナウいよね!なんて言葉が思わず出そうになる、古き良き時代の喫茶店やジャズバーが並ぶ道を、参加者の皆さんとこれでもかと目を見開いて歩きました。口もずっと開いてたかもしれない。笑

「東京在住なんだけど、ブラッと散策に行こうなんてなかなか思い切ることが出来なくてね。」
「私が予習でこの街を知って、友達に教えてあげたくて。」
参加の理由は様々、でもあの日、下北沢に集ったみんなに共通していたのは「この街に興味がある」。体験を始める動機はそれでじゅうぶんなのです。

そして私もそのひとり。

昼間と大きく表情を変えた下北沢という街を、興味という前のめりな探究心をいっぱい持って歩きました。
歩を進めれば進めるほど増えてく会話、歩く距離が長くなるほど短くなっていく参加者同士の距離。
最後のテッセーくん推し推しのシャレオツなバーでは参加者全員が興奮状態のまま親睦を深めました。

お互いの紹介を含めた話や、体験した下北沢という街の感想、翌日の記憶には残りそうに無いようなどうでもいい話まで、床が揺れるほど笑いましたね。
最高の夜、最高の体験の日にしたくて参加者それぞれが思いやりを持って同じ空間を楽しみました。

下北沢最高かよ。

この日の収穫は、下北沢の魅力を知れたこと、テッセーくんのゆるくもたくましいホストっぷりが見れたこと、楽しいツアーに楽しい参加者、温かい会話、そして「行ってみたいお店が見つかった!」「下北沢好きになりました!もっと知りたくなりました!」「昼間も来てみます!」という興味が引き寄せる明日からの輝かしい行動力。
そして阪口は、参加者の方とも特別につながることができ、友だちまで作ってしまいました。「テッセーさんが良い意味で男性という感じがなくて良かったです。」だなんて、あらまぁ!あなたテッセーくんのいいとこをよくわかってらっしゃるじゃないなんて意気投合。
テッセーくんの良さをわかる人に悪い人はいない。
連絡先を交換して、次回ご飯に行く約束まで。大収穫中の大収穫!はっはっはっは

縁もゆかりもなかった遠い初めての街

結婚出産育児という平凡に感じる人生の中で、ひとつの街を密に知ろうなんて発想は正直ありませんでした。ましてや縁もゆかりもなかった遠い初めての街。
でもね、ここは声を大にして言わせてください。
これまでの人生は変えることはできないけど、これからを動かすことはできます。
未来に彩りを添えるのは、他の誰でもない自分なのです。
私はこの一夜で考え方を少し変えました。
私の今後に関係ないからと決めつけるのはやめよう。誰でも最初は初心者、踏み込むことの不安や怖さが「関係ないから」の決めつけになってるんじゃなかろうかと。
過ぎてみれば、最初の不安なんて嘘のようにスコーンと忘れてしまいます。
残るのは、体験したという事実と得た知識。私は人とのつながりまで・・♡
そして初心者は経験者に堂々昇格。こうして自分の力で人生を華やかにしていくのです。
私も今回、人生に彩りを加えることができました。
自分の人生に関係なんて、そんなものはこちらから作ればいいのです。

またもや体験を通して人生がさらに楽しくなってしまいました。
おそるべしTABICA・・・!


如何でしたか。お知らせですが、TABICAでは素敵な体験を提供してくださるホスト様の育成プログラムを実施しておりますので、興味持たれました方は、ぜひ、応募してみてくださいませ。

「スーパーホスト」養成プログラム第1期生募集!

今後の阪口ゆうこさんの体験レポートは続きますので、お楽しみに!!