泉州タオルの歴史と泉佐野で買うことのできるスポットまとめ

泉州タオル

日本のタオル産業の発祥の地は大阪の泉州地域であることをご存知でしょうか。130年ほど前から泉州タオルが作られ始め、今もなおその伝統的な製法で作られた泉州タオルは、多くの人に愛され続けています。今回は泉州タオルの歴史と泉佐野で泉州タオルが購入できるスポットをご紹介したいと思います。

泉州タオルの製法

泉州タオルは、明治20年から大阪の泉州地域で作られているタオルで「後晒製法」と呼ばれる糸の不純物を精錬して取り除き、漂白する独特の製法がいまも行われています。そのため、油分や不純物がなく、真っ白でかつ肌さわりがよく吸水性に富んだタオルに仕上がるのです。

泉州タオルの特徴

泉州タオルは本来持っている綿の吸水性を生かしたタオルで、後晒製法で作られた真っ白さに驚くかもしれません。ふんわりとした心地よさや、肌さわりのよい感覚を味わえるのが大きな特徴です。

泉州タオルと今治タオルの違い

泉州タオルと今治タオルの違いは大きなものはありません。ただ、今治タオルに関しては「タオルが水中に沈み始めるまでの時間が5秒以内」という基準を満たさないといけません。また、今治タオルは軟水を利用することで染め物に適した製品を作ることができます。

泉佐野市で泉州タオルが直売されている店舗

泉州タオル館本店(ショールーム&タオルショップ)

泉州タオル館本店はショールームになっており、シーズンごとにメーカーが開発した商品がいち早くおかれるので、品そろえが豊富。アンテナショップとしての役割を果たしているので、泉州タオルをお土産に選ぶなら、ここにくれば間違いないでしょう。泉州タオルの様々な商品を見ることができるので、タオルの奥深さを味わうことができますよ。

基本情報

  • 住所: 大阪府泉佐野市市場西1-8-8
  • 営業時間:10:00〜17:00
  • 公式サイト:http://www.os-towel.or.jp/shop/index.html
  • 泉州タオル館 りんくうプレミアム・アウトレット店

    泉州タオル館のりんくうプレミアム・アウトレットにある店舗です。りんくうタウンに訪れた際にふらっと立ち寄ることができるので、ショッピングのついでに立ち寄って、泉州タオルを買うのに適しています。

    基本情報

  • 住所:大阪府泉佐野市りんくう往来南3-28 りんくうプレミアム・アウトレット内
  • 営業時間:10:00〜20:00
  • 公式サイト:http://www.os-towel.or.jp/shop/outlet.html
  • 観光交流プラザ りんくう まち処

    観光交流プラザ りんくう まち処はりんくうタウン駅にあるショップで、泉佐野の特産品や名産品を中心にセレクトされた商品が並んでいます。泉佐野の名産品である泉州タオルももちろん置かれているので、買いそびれてしまった方はこちらで購入するといいでしょう。

    基本情報

  • 住所:大阪府泉佐野市 関西国際空港連絡橋
  • 営業時間:8:00〜20:00
  • 公式サイト:http://www.izumisano-machidokoro.jp/
  • この記事を読んだあなたへ

     
    tabica
    TABICAでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、泉佐野市で農業体験やものづくり体験、街歩き体験ができる着地型観光を提供しています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしを体験できるような企画内容となっていますので、日常ではちょっと味わえない体験に参加してみませんか?
    詳細はこちら

    泉州タオル