『スペシャリストが案内する動物公園ツアー』の裏側ーーレッサーパンダをこよなく愛する「風子さん」に、プランの見どころを聞いてみた

千葉市の体験型観光プラン集「千葉あそび」で大人気の、『スペシャリストが案内する動物公園ツアー』がTABICAに登場します!

直立するレッサーパンダ・風太くんで有名な千葉市動物公園のガイドを務めるのは、年間200日以上も動物公園に通い、風太一家の観察を続けているという『風子さん』。一般的なガイドとはひと味違った視点で動物たちを紹介する”動物園のスペシャリスト”に、今回の体験プランの見どころをお聞きしました。

■お話をきいた人

風子(ふうこ)さん

富山県生まれ。早稲田大学法学部卒業。年間200日千葉市動物公園に通い、風太一家の観察を行っている。レッサーパンダについての企画展、講演会、イベント企画、ガイドツアーなど多数行う。また、「風太ァズ」代表として、千葉市動物公園のオリジナル人気商品「風太一家グッズ」を手掛ける。

【出演した番組・掲載メディア】
フジテレビ「アウト×デラックス」、TBS「爆報!THEフライデー」、GyaO!番組「ぶるぺん」、テレビ東京「全日本撮れちゃいました大賞」、テレビ朝日「お願いランキング」、テレビ朝日「ずっと追ってるジャーナル」、テレビ朝日「世界のおバカちゃんアニマル動画アワード 笑える決定的瞬間大放出SP」、日本経済新聞、東京新聞、「ぐるっと千葉」など多数。

“特別な”動物公園ツアーの中身とは?

▲リンゴを食べている、レッサーパンダの『クウタ』くん。(写真提供:風子さん)

ーー風子さんがガイドする「動物公園ツアー」は、どのような内容なのでしょうか?

風子さん:今回は「通常プラン」と「特別プラン」の二つをご用意しています。通常プランでは、少人数のアットホームな雰囲気で千葉市動物公園をご案内します。”貸し切りガイド”といったイメージですね。

特別プランでは、通常プランの内容に加えて、特別なサプライズや飼育体験をご用意しています。

ーー”特別なサプライズや飼育体験”……気になりますね!

風子さん:内容は当日のお楽しみですが、今回のガイドツアーでしか体験できないことなので、きっと喜んでいただけると思いますよ。

▲千葉市動物公園のライオン『アレン』くん。(写真提供:風子さん)

ーー今回のツアーでは、具体的にどんな見どころがあるのでしょうか?

風子:今回は、三つのポイントがあります。中でも一番の見どころは、やっぱりレッサーパンダの風太一家(※)ですね。その生態はもちろん、それぞれの「個性」についても、とことんご説明させていただきます。

※千葉市動物公園では、風太くんとその子ども、孫たちを合わせて計8匹のレッサーパンダが飼育されています(2017年9月現在)。

ーー風太一家は、他のレッサーパンダとは違う特徴があるのでしょうか?

風子さん:千葉市動物公園は、レッサーパンダの獣舎(動物が生活する建物)が広くて充実しているんです。自由に走り回れる環境で育っているから、風太一家は(他のレッサーパンダより)動きが活発ですね。運動神経が良すぎるので、風太くんの子どもや孫が引っ越した先の動物園では、従来より高い柵を設けたりするそうです……(笑)。

ーー二つ目のポイントはどのようなところでしょうか?

風子さん:二つ目は、動物とのコミュニケーションですね。こちらが”あること”をすると、向こうも反応してくれるんですよ。体験内容は当日の動物の体調などによって変わりますが、「モンキーゾーン」や、アルパカがいる「ふれあい動物の里」などをご案内する予定です。

ーー説明を聞くだけでなく、動物たちとのコミュニケーションも楽しめるんですね。

風子さん:そうですね。そして三つ目のポイントは、ライオンなど園内のメインの動物たちです。赤ちゃんが生まれたところがあれば、その動物についてガイドします。詳しい内容は、当日のお楽しみということで。

※体験イメージ(写真提供:PIXTA)

ーー見どころが盛りだくさんですね。では、今回のツアーはどんな人におすすめですか?

風子さん:やっぱり、家族連れの方ですね。小さなお子さんにも楽しんでいただけると思いますので。

ーー大人だけで参加することはできますか?

風子さん:もちろんです。過去に千葉市動物公園でガイドツアーをやらせていただいた中で、(参加者が)大人の方だけの回もありました。そういう時は、動物たちの説明が少しマニアックになるかも知れません(笑)。

家族連れの方がいる場合は、子どもが楽しめる「動物クイズ」などを交えながら園内をまわります。子ども中心にお話していても、大人の方が興味を持ってくださることは多いですね。動物たちには意外な一面がたくさんあるので、年齢を問わず楽しんでいただけると思います。

「レッサーパンダの魅力」と「特別感」を堪能できる体験ツアー

 

▲千葉市動物公園のレッサーパンダ『メイメイ』ちゃん。(写真提供:風子さん)

ーー動物公園のガイドをする上で、風子さんが特に意識していること・大切にしていることはありますか?

風子さん:「特別感を味わってもらうこと」ですね。普通に動物園に行くだけでは味わえない、特別な体験ができるプランを考えています。

ーー今回の体験ツアー通して、どんなことを伝えたいですか?

風子さん:レッサーパンダの魅力と、動物を観察するおもしろさを伝えたいです。コミュニケーションを通じて、動物たちとの「心のふれあい」を体験していただけたらいいなと思っています。

風子さんの体験はこちら