【千葉】とうもろこしの収穫体験ができるオススメの農園まとめ

夏に旬を迎えるとうもろこし。とうもろこしは、茹でてそのままガブリと齧りついても、醤油をたらして焦げ目がつくほど炙っても美味しくいただくことができますよね。あなたならどんな風にいただきますか?

今回は千葉県でとうもろこしを収穫できる農園をピックアップ! 子供と一緒にとうもろこしの収穫を楽しんだ後は、ご自宅に持って帰って美味しくいただきませんか?

千葉県は国内有数のとうもろこしの産地

千葉県のとうもろこし収穫量は、北海道に次いで国内2位。主な産地は山武市、銚子市、旭市、横芝光町です。千葉県産とうもろこしは6月中旬から7月中旬に旬のピークを迎え、8月に入ると潤沢期と呼ばれる豊富に収穫できる時期を迎えます。そのため、とうもろこしの収穫体験を行うなら7月~8月の夏場がとくにおすすめ! 甘さのピークとたくさん収穫できる時期が重なるので、美味しいとうもろこしを収穫できるはずですよ。

ちなみに、美味しいとうもろこしを見分けるポイントは以下の3つ!

(1)皮がみずみずしくて、先端の旗葉(ヒゲのような部分)がピンとしているもの
(2)皮の緑色が濃く、毛は褐色かまたは黒褐色のもの
(3)手で持った時にずっしりと重みがあるもの

また、とうもろこしは、とても鮮度が落ちやすい野菜です。収穫したばかりのものは、スーパーで手に入るものよりもより生き生きとした甘さを感じられるはず。是非とも今からご紹介する収穫体験スポットで、穫れたてとうもろこしの味を堪能しましょう!

参照:とうもろこし|千葉県公式サイト

とうもろこし収穫体験ができる農園

安西農園(館山市)

千葉県館山市にある「安西農園」では、6月上旬~8月中旬にかけてとうもろこしの収穫を体験することができます。こちらではスーパーなどでもよく見かけるピクニックコーン、ピュアホワイトという品種のとうもろこしに加えて、味来というちょっと珍しい品種のとうもろこしを収穫することができます。味来は小振りな見た目ではありますが、平均糖度17度以上のとっても甘いとうもろこしです。収穫したとうもろこしは1本150円から持ち帰ることができ、試食プランならその場でいただくこともできます。

基本情報
住所:千葉県館山市藤原864百笑園
体験期間:6月上旬~8月中旬
営業時間:9:00~16:00
料金:持ち帰りのみ1本150円、試食プラン(2本持ち帰り+試食)600円
品種:味来、ピクニックコーン、ピュアホワイト
>>詳しくはこちら

農業公園 ぽんぽこ村(木更津市)

千葉県木更津市にある「農業公園 ぽんぽこ村」は、6~10月にかけてとうもろこしの収穫を体験することができます。10月までと少し長めに開催されているので、秋口の少し涼しくなってきた頃に日差しをさけて収穫を体験できるのが嬉しいですね。こちらの農園では、ゴールドラッシュの収穫を500円(2本持ち帰り)で体験できます。畑でもぎ取ったら、その場でガブリといただいてもOK! 採れたての新鮮な味わいを是非とも体験してみてくださいね。

基本情報
住所:千葉県木更津市牛袋野506
体験期間:6~10月
営業時間:9:00~17:00
料金:500円(2本持ち帰り)
品種:ゴールドラッシュ
>>詳しくはこちら

ハナシマ農園(八街市)

Miwaさん(@miwa.epicday)がシェアした投稿 – 2017 6月 23 11:12午後 PDT

千葉県八街市にある「ハナシマ農園」では、6月下旬~7月下旬までとうもろこしの収穫を体験することができます。こちらの農園は生でも食べられるとうもろこし作りにこだわっており、園内のとうもろこしは全て有機肥料(たい肥・米ぬか・家畜ふん尿などを使用し、科学的なものを使用していない肥料のこと)で育てられています。そのため、収穫したとうもろこしは、生のままいただくことができます。採れたてのとうもろこしならではの甘味を是非とも体験してみましょう!

基本情報
住所:千葉県八街市文違301-17
体験期間:6月下旬~7月下旬
営業時間:9:00~17:00
料金:入園料1人100円、持ち帰りは1本200円
品種:ゴールドラッシュ、フルーツコーン
>>詳しくはこちら

道の駅くりもと(香取市)


千葉県香取市にある「道の駅くりもと」では、例年8月上旬にとうもろこしの収穫を体験することができます。収穫したとうもろこしは、1本150円で持ち帰ることが可能。園内にはニジマスやザリガニ釣りができるスポットもあるので、収穫を体験した後はこちらで子供と一緒に釣りを楽しんでもいいかもしれません。

基本情報
住所:千葉県香取市沢1372-1道の駅くりもと「紅小町の郷」
体験期間:8月上旬(とうもろこしの育ちにより前後する場合あり。要問合せ)
営業時間:9:00~18:00
料金:持ち帰り1本150円
品種:ゴールドラッシュ
>>詳しくはこちら

さいごに

千葉県にあるとうもろこし収穫体験ができるスポットをご紹介しました。とうもろこしの収穫ができるのは夏~秋にかけてのみ。少しでも気になったのなら、足を運んでみてくださいね!

この記事を読んだあなたにおすすめの体験

TABICAでは、人と人とを繋げるローカルな旅をご提供しております。コンセプトは「暮らしを体験できるマルシェ」。現地の市場(いちば)で果物を買うような、モノ以上の価値がある体験をしてみませんか?

もぎたてのトウモロコシにかぶりつき。摘み食べ放題の無農薬ブルーベリーで贅沢ジャム作り(埼玉県)

出典:TABICA

とうもろこしの収穫&ブルーベリーの摘み取りを体験することができます。とうもろこしは生のままでいただくことも、焼いていただくこともでき、ブルーベリーは摘み取った後ジャムにします。作ったジャムはお土産として持ち帰ることができるので、体験の思い出になること間違えありません!

体験の詳細はこちら

有野実オートキャンプ場で、採りたて野菜たっぷりランチ&摘みたてブルーベリーのサンデー作り(千葉県)

出典:TABICA

有野実苑オートキャンプ場にある農園にて、地元野菜を使用したランチ&積み立てのブルーベリーをいただける体験です。ブルーベリーは箱いっぱいになるまで摘むことができるほか、サンデーにしていただくこともできます。

体験の詳細はこちら

この記事を読んだあなたへ

tabica
TABICAでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、千葉で収穫体験や農作業などの農業体験を開催しています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしを体験できるような企画内容となっていますので、日常ではちょっと味わえない体験に参加してみませんか?
千葉で収穫体験の詳細はこちら

メニュー