独身アラサー女子の特徴とは?婚活のコツと独身生活の注意点

アラサー女性は、今後の人生について考える節目の年代でもあります。結婚に向けて婚活に励む人、婚活がうまく行かず、生涯独身だったらどうしようという不安を抱える人、結婚よりも仕事優先の人など。今回は、結婚願望の強い独身アラサー女性の婚活についてのコツと、結婚よりも独身でいる生活を楽しんでいる人についてまとめてみました。

独身アラサー女子の特徴

経済的に自立している

独身女性の中には、仕事に打ち込んでいる人も多いようです。仕事熱心で、仕事にやりがいや充実感を持って、仕事中心の毎日を送っています。そのため、収入面でも男性に頼らず、自分一人で生きていけるだけの経済的自立がなされている人も多いです。

女友達が多い

社交的で女友達も多く、友人同士で女子会をしたり、旅行に行ったりして余暇も満喫している人は、女性同士でいる方が気楽で、どうしても女友達との付き合いを優先させてしまうことが多いようです。そうなると、婚活がおっくうになったり、必要性を感じなくなったりしていきます。男性との出会いの機会も少なくなっていくようです。

恋愛・結婚に対して受け身

恋愛については、男性の方から声をかけてくれると思っているのが女性の性なのではないでしょうか。自分から話しかけられず、婚活パーティーで「いいなぁ」と思う人がいても、どうやって次に繋げれば良いのかわからないという人もいると思います。いわゆる恋愛に対して奥手の場合は、どうしてもお付き合いまで発展しないことが多いようです。

婚活を成功させるには


それでは、婚活がうまくいかないアラサー女性へ向けて婚活のポイントを紹介したいと思います。できることから、少しずつ取り組んでいけばいいと思います。

婚活のやり方を変えてみる

婚活がうまく行かない人は、参加しているイベント内容がもしかしたら自分にマッチしてないのかもしれません。大勢のパーティーだとなかなか上手く話せない、自分をうまく表現できない、お酒の席が苦手だったり…。そんなときはお互いの趣味が合い、打ち解けやすい「趣味コン」などに参加すれば自然と共通の話題で話しやすい雰囲気になるのではないでしょうか。また、周囲の人に紹介してもらうなどと、婚活の方法を変えてみるのも一つの手です。

ファッションを変えてみる

ファッションに気合いが入りすぎていないかをチェックすることも大事です。あまりに女性を強調してセクシーすぎたり、ブランド物などでキメすぎていると、逆に男性から引かれてしまうことも。婚活の場では、あまりカジュアルすぎても地味すぎてもよくないですが、清潔感と、ナチュラルな雰囲気を意識したシンプルコーデにまとめてみるといいでしょう。

会話を楽しむ

婚活はイベントや趣旨にもよりますが、男性と話す時間は限られています。そのため、婚活イベントでは生涯のパートナーを見つけようと焦るあまり、自分に合いそうかどうか、そんな想いの方が先に立ち会話が弾まないことも。まずは目の前の男性と会話を楽しむ気持ちの余裕を忘れずにしましょう。また、いい雰囲気で話せる相手がいたら、その後連絡を待つのではなくて、自分からメールを送ってみる積極性もときには必要でしょう。

結婚以外の選択肢も


年を重ねるごとに焦りが募り、アラサー独身女性で婚活がうまく行かないと、生涯、独身生活のままで老後を迎えるのではと不安ばかりが募っていきがち。しかし、一方では、独身生活を謳歌してる人もたくさんいるのです。自分の人生は一度きり。今、自分が没頭できる仕事があり充実した生活を送っていれば必ずしも「結婚が全て」ではないと思えるのではないでしょうか。結婚できなくてもそれはそれでアリかな、と思えると焦りも少なくなるはず。

独身生活のポイント

リラックス
ではもし独身生活を続けていく場合には、どんな点に気をつければいいのでしょうか。以下でご紹介したいと思います。

自分のためにお金を使える

子供1人が成人するにはどのくらいの養育費がかかるのでしょうか。一般的には子供が20歳を迎えるまでにかかる養育費は1000万〜1500万前後かかるといわれています。また、私立の学校にいくとなるとさらに費用がかかります。これが、独身だと養育費はかからず、稼いだお金は全て自分のために使えます。ただし、老後資金についてもしっかりと考えなければいけません。自由に使える分自己管理は大切になってきます。

自由な時間が多い

寝る時間、起きる時間が自由で、家族の生活習慣に縛られなくていいのが独身生活のメリット。翌日早く起きることを考慮して遅くまで飲むのを避けたり、家族と時間を合わせて起きる必要はないので、時間はコントロールしやすいと言えます。自由な時間は、仕事や趣味に費やしたり、気楽に旅行を楽しんだりできます。ただし、自由過ぎる生活リズムで、体を壊さないように注意しましょう。独身生活の基本は健康体であることが肝心です。

病気にかかったときは1人で対処する

独身生活はもし、病気にかかってしまったときは、1人でどうにかしなければなりません。看病したり異変に気付いてくれる人が近くにいないのは心細いもの。突然体調を崩した場合のために、常備薬やいざという時に頼る人を決めておくなど、準備をしておくことをおすすめします。また、重い病気にかかった際の治療費や生活費、また医療保険なども、もしもしものときの備えも大事です。

周囲の人とのコミュニケーションが大切

独身生活で辛いのは、ふとしたときの孤独感ではないでしょうか。1人で生きていけると思っていても、時には人に頼ることが必要だと思います。独身生活を楽しむには、周囲の人とのコミュニケーションを大切にして、自分と関わり合いを持てるコミュニティに属し、常に人と接するようにすれば、人恋しさも感じなくてすむでしょう。

さいごに

アラサー女性の婚活のコツと独身生活についてまとめました。婚活をしていても、うまくいかず婚活疲れを感じていると、アラサー婚活に関するネガティブな情報が目に付いてしまいがち。そんなときは婚活を休んでみるのも一つのです。ぜひこちらの記事で、広い視野を持つきっかけになれば幸いです。

この記事を読んだあなたへ

TABICAではパワースポットをめぐる街歩き体験を実施しています。婚活をするうえで、縁結びを祈願しておけば、事がうまく進めかもしれませんよ。
詳細はこちら

メニュー