次の女子旅はどこに行く?国内旅行でおすすめの観光スポットまとめ

楽しい女子旅にするためにも、行き先が重要ですよね。そこで、国内女子旅で人気のエリアを30カ所ピックアップしてみました。国内の女子旅で旅行先を探している人など、ぜひ旅行の計画を立てる際の参考にしていただければと思います。

北海道地方

青い池(北海道)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

北海道の美瑛にある青い池は、見る角度や季節、時間などによって色が変わるといわれている観光スポット。まるで、絵本の世界のような不思議な様相を呈し、口コミで一気に話題になったそう。特に冬のライトアップされた幻想的な景色はおすすめです。近隣にはラベンダー畑で有名な富良野など女子旅プランを練るうえでぜひ選んでおきたい場所です。

小樽運河(北海道)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

「小樽運河」は、赤れんが造りの倉庫が並ぶおしゃれなエリアで、札幌中心部からアクセス良好なところも人気です。夜のライトアップが美しく、宝石のように見える光は、北海道三大夜景といわれるほど。天狗山ロープウエイで山頂まであがり、夜景を見るのがおすすめ。また、山頂には展望レストランがあり、眼下に夜景を見ながらの食事を楽しむことができます。

東北地方

龍泉洞 (岩手県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

国の天然記念物に選ばれている岩手の龍泉洞。特徴は洞内にコウモリが棲む様子を観察できたり、深い地底湖でできた鍾乳洞の神秘的な景色を堪能できること。公開部分は、およそ700mほど地底に潜っていきます。現在も調査が続けられていて、深さは約5kmにも及ぶともいわれています。冒険心をくすぐるスポットで、鍾乳洞を見てみたい人にはおすすめです。

銀山温泉(山形県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

街並みはまるで、大正の頃にタイムスリップしたようなノスタルジックな雰囲気。日が沈むとガス灯がともり、レトロな風情をさらに醸し出してくれる、まさに風情あふれる温泉街です。和風旅館の美味しい会席料理を味わい、さらに温泉の湯に浸かれば疲れが吹き飛ぶこと間違いなしです。

関東地方

ひたちなか海浜公園(茨城県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

春はスイセンから始まり、チューリップ、ネモフィラと、次から次へと美しい花々が咲いて「フラワーリレー」と呼ばれ、多くの観光客で賑わいます。特に、4月下旬から5月中旬にかけては、ライトブルーが一面に広がるネモフィラのお花畑は、澄み切った空とのコントラストが抜群で、おすすめの時期です。

草津温泉(群馬県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

関東屈指の温泉地として群馬の草津温泉。湯気が湧き出る「湯畑」は草津温泉のシンボルで圧巻です。外湯めぐりで色々な温泉に入ったり、ドラマのロケ地を巡ったり、温泉街を散策したり、夜は旅館でのんびりと過ごして、日頃の疲れを洗い流しリフレッシュしましょう。

小笠原諸島(東京都)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

東京湾の港からフェリーで24時間かけていく小笠原諸島。週に一回しか運行がないので、ある程度まとまった休みがとれる女子旅向きです。東京都でありながら、亜熱帯の気候に恵まれた秘境と呼ばれています。澄み切ったコバルトブルーの海で、マリンスポーツなど楽しんでいると、東京であることを忘れてしましそうです。そんな最高のロケーションが広がる小笠原諸島に行ってみませんか。

浅草(東京都)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

日本屈指の観光地として有名で、国内のみならず、海外の観光客でいつもにぎわいを見せています。江戸情緒あふれる昔ながらの喫茶店や花やしき、寄席、浅草スイーツの食べ歩きなど、みどころ満載のエリアです。東京スカイツリーも近いので、東京観光の際はぜひ両方周りたいですね。

鎌倉(神奈川県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

鎌倉は、風情あるお寺とおしゃれな古民家カフェや雑貨店などがひしめく人気の観光スポットです。街並みすれすれを走るレトロ列車の江の電も鎌倉観光には人気で、思わず写真におさめたくなるほど。鶴岡八幡宮や明月院などを散策してから、小町通りでショッピングやお食事など、女子旅にはおすすめスポットが満載。海水浴場やおしゃれなカフェが多い湘南の海も人気の観光地。

濃溝の滝(千葉県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

インスタグラムに投稿された写真で話題になった「濃溝の滝」。ジブリの世界のような景色が味わえるの人気の一つ。洞窟の中に太陽の光が差し込む姿が、まるでスポットライトのように見えてまさに自然の産物が作り出す絶景です。公共機関で向かうなら、電車で上総亀山駅まで行き、そこから乗合タクシー「きみぴょん号」で清水渓流広場へ向かう行き方がいいでしょう。

中部地方・北陸地方

ワイナリーツアー(山梨県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

日本ワイン発祥の地といわれる山梨には多くのワイナリーがあります。ワイナリーツアーも定期的に開催されているので、女子旅のなかに組み入れてみるのもいいかもしれません。山梨県内オリジナルワインや、ワインの搾りかすを餌として育ったワインビーフなど、ワイン好きにはたまらないスポット。訪れる際はツアーを申し込むか、ワイナリーを回遊する乗合のタクシーを利用するのもおすすめです。

富士急ハイランド(山梨県)

引用元:富士急ハイランド 公式サイト

他にはないハイレベルな絶叫マシンが盛りだくさんの富士急ハイランド。ジェットコースター好きが集まる女子旅にぴったりなスポットです。富士山を眺めながら数々の絶叫マシンに乗り、ストレス発散をしたら、隣接するふじやま温泉に浸かって旅の疲れを癒すこともできます。

富士サファリパーク(山梨県)

引用元:富士サファリパーク 公式サイト

富士サファリパークは間近で動物を観察でき、ジャングルの王国に来たような感覚を味わえるスポット。およそ70種類の動物たちが放し飼いにされているゾーンを専用のジャングルバスに乗って見て回ります。動物と至近距離で接するため、ハラハラドキドキする体験を味わえるスリリングな動物園です。

地獄谷野猿公苑 (長野県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

お猿さんたちが温泉でくつろいでいる様子を見学できるスポット。その様子は世界で唯一とされるほど貴重なのだそう。湯船に浸かるお猿さんたちの愛くるしい姿はぜひ写真に収めておきたいですね。お猿さんを威嚇しないように、近づきすぎずに注意して観察するようにしましょう。

ひがし茶屋街(石川県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

国内女子旅の大定番といわれる石川県金沢市の「ひがし茶屋街」。和とアートが調和した街並みは写真映えも抜群。木虫籠(きむすこ)と呼ばれる伝統的な出格子がみられる街並みで、タイムスリップしたようなレトロな雰囲気を味わいながら、抹茶ぜんざいや、伝統和菓子などに舌鼓。のんびり過ごせる観光も女子旅におすすめです。

近畿地方

伏見稲荷神社(京都府)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

京都市の中でも、国内外の人々に人気のスポットが伏見稲荷神社。伏見稲荷神社のシンボル朱色の千本鳥居が、どこまでも続くさまは圧巻です。千本鳥居をくぐり抜けると奉拝所があり、そこに有名なおもかる石があります。「予想していたよりも軽いと願いが成就し、重ければ願いが叶いづらい」といわれるおもかる石を持ち上げてみて、占ってみることをおすすめします。

神戸北野異人館街(兵庫県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

神戸港はかつて外国人居留地が存在し、西洋文化が入り混じった街並みを形成してきました。神戸北野異人館街はそんなハイカラ文化を体感できるスポットです。館内ではドレスレンタルが可能で、貴婦人になったような気分で記念写真を撮ることができます。異国情緒を堪能して、素敵な思い出を作りましょう。

有馬温泉(兵庫県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

日本三古湯の一つといわれる兵庫の有馬温泉。「金泉」と「銀泉」の2つの泉質を楽しめ、特に銀泉は肌がつるつるになり、美容効果が期待できるといわれていますので女性には人気です。また、おしゃれなカフェや雑貨店も多い温泉街を、浴衣姿でそぞろ歩きするのも女子旅におすすめ。

志摩地中海村(三重県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

志摩地中海村は、スペイン人が設計したリゾート施設。本場地中海さながらの雰囲気を味わえます。スペインのアンダルシア地方、カスティーリャ地方、そしてイタリアのサルデーニャ島をイメージした街並み。ホテルの客室で、ヨーロッパ気分を味わえるところもあり女子好みのスポットです。

伊勢神宮(三重県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

「お伊勢参り」でも有名な、一度はお参りしたいパワースポットとして人気なのが伊勢神宮です。外宮から内宮にかけて参拝コースを周るのが習わしとされています。敷地内に合わせて125もの宮社があり、とても1日では周りきれないので、周辺に泊まってゆっくり伊勢神宮を見て回るのもおすすめです。

白崎海洋公園(和歌山県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)
岬が白い石灰岩で覆われた海洋公園で、海岸からは淡路島が望めるスポット。展望台からは青い海と真っ白な岩のコントラストが見事な、絶景を堪能することができます。3月から7月ごろにかけては、ウミネコが飛来することでも有名。白崎海洋公園ではダイビングやオートキャンプ場もあるので、アウトドアを満喫するなど、様々な楽しみ方もできますよ。

中国・四国地方

出雲大社(島根県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

縁結びの神さまで有名な島根県の出雲大社。御本殿では2礼4拍手1礼でお願いごとをするのが作法。一般的な参拝方法は2礼2拍手1礼ですが、出雲大社では手を4回叩くことを覚えておきましょう。樹齢1000年ともいわれる御神木も、とても神秘的な雰囲気を感じさせるパワースポットで、一度は訪れておきたい場所ですね。

倉敷美観地区(岡山県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

倉敷は江戸時代にかけて、幕府の天領(直轄地)として栄えました。その江戸の風情が今でも街のいたるところで感じられ、景観が美しいスポットです。倉敷らしい小物雑貨や瀬戸内の幸を味わえる割烹など、倉敷美観地区でしか味わえない粋な雰囲気を満喫しましょう。浴衣で街を歩くのも江戸情緒と相まって素敵な旅の思い出。

大久野島(広島県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

瀬戸内海に浮かぶ「大久野島」には野生のウサギがたくさん生息していて、その数なんと700匹。朝にうさぎとふれあえる散歩や、夜には、幻想的なウミホタル発行観察など参加型体験イベントも充実しています。竹原市街では、瓦屋根の街並みが江戸情緒を醸し出し、懐かしい雰囲気を味わうことができます。

角島大橋(山口県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

自動車メーカーのCMで話題となった「角島大橋」。エメラルドグリーンに輝く海を両サイドに橋を渡る爽快感、一度は味わいたいものですね。橋の長さは約2kmに及び、無料で渡れる橋としては屈指の長さを誇ります。角島のしおかぜコバルトブルービーチは、サラサラの砂浜と澄み切った海を見ることができまさに絶景。

男木島(香川県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

瀬戸内国際芸術祭が3年に1度行われる島としてしられる「男木島」。島内では国内外で活躍する現代アート作品を見ることができます。まるで島全体が美術館のようです。また、猫の楽園としても有名で、街のいたるところで猫の集団に出くわす場面も。猫好きには必見ですね。

道後温泉(愛媛県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

温泉総選挙2016で、女子旅部門の第1位に選ばれた愛媛県の道後温泉。無料で利用できる足湯は全11箇所。映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったとされる道後温泉本館を中心に、風情ある景色が広がります。泉質は肌をなめらかにする効果があるとされ、美肌効果が期待できると人気。さらに、湯神社や周辺の神社のパワースポットめぐりも楽しめます。

九州・沖縄地方

屋久島のウィルソン株(鹿児島県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

一度は訪れたい、日本が誇る世界自然遺産の屋久島。数多くの自然がありのままの姿で鑑賞できる島です。切られた時の樹齢が3000年といわれ、島民から大株と言われています。このウィルソン株という切り株の中から空に向かって写真を撮ると、ハート形に見えることから、パワースポットとして人気を博しています。

糸島(福岡県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

福岡県糸島は福岡市の中心から車で30分ほどでアクセスできる、今、話題のスポット。海岸に鳥居がある桜井二見ヶ浦からの美しい夕日や、落差が急な白糸の滝など絶景スポットが多数点在しています。中でも、メディアでも紹介された「椰子の木ブランコ」は、糸島屈指のカメラスポットとしておすすめ。海岸沿いに構える居酒屋「ざうお」の海岸にあり、海をみながら、のんびりとブランコに座れるとあって癒しを求めて多くの人が訪れます。

与論島(鹿児島県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

奄美諸島の南端にある、周囲たった21kmの絶景リゾートとしてしられる与論島。時間を忘れ、透明度抜群の美しい海を眺めながら過ごすのに最適です。ウミガメが泳ぐ姿を見ることもでき、自然の残る「癒しの島」として、女子旅でもおすすめできるリゾートアイランドに足を運んでみてください。

青の洞窟(沖縄県)

写真提供:PIXTA(ピクスタ)

沖縄・恩納村の真栄田岬にある青の洞窟は、沖縄のマリンアクティビティを体験する場所として定番スポットとしてしられています。太陽の光を浴びた海面が幻想的に青くひかり、海中のサンゴ礁や美しい熱帯魚たちを見ることができます。訪れた際にはシュノーケリングや、体験ダイビングのオプショナルツアーに参加して、青の洞窟に潜り、神秘的な世界に触れてみてはいかがですか?

さいごに

国内で、女子旅として訪れたいスポットをご紹介しました。ぜひ、旅行プランや訪れるエリアに合わせて参考にしてみてくださいね。思い出に残るような楽しい旅行になるように、女子旅にぴったりなスポットを把握しておきましょう。

この記事を読んだあなたへ

TABICAでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、農業体験やものづくり体験、街歩き体験ができる着地型観光を提供しています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしを体験できるような企画内容となっていますので、日常ではちょっと味わえない体験に、TABICAを通して参加してみませんか?

街歩き、自然体験・農業体験、ワークショップ等を通して、普段は決して交わることのない人々と繋がることが出来ます。旅行先のプランに組み込んで、その土地のローカルな体験をしてみましょう!
詳細はこちら

メニュー