“インスタ映え”するおしゃれな写真を撮る! 1分で身につく撮影テクニックを紹介します

大切な人との一瞬を収めよう。

2014年、若者たちを中心に人気が広がった「Instagram」。

手軽に写真が撮れて、そのままウェブに投稿できる機能が魅力的。友人や家族の近況を瞬時に知ることができるタイムラインは、いつ見ても楽しめますよね。レトロな雰囲気ただよう「フィルムカメラ」のブームが再燃したのは、Instagramがきっかけだと言われています。

そんな人気アプリを、あなたはどう使っていますか? スマホカメラで“日常”を切り取ることもできれば、デジタル一眼とフィルムカメラで“作品”を生み出すこともできる。アルバムにもなれば、ポートフォリオにもなるのです。

いつか投稿を遡って、「あぁ、もう3年も前の出来事なんだ」って、友人と笑い合いたい。独特な写真を投稿して、人々を魅了したい。そんなぼくら・わたしたちのSNSだから、ていねいに、きれいに撮りたい。

写真家・吉森慎之介さんに訊く、撮影テクニック

「どうしたら、自分が満足できて、他人を魅了する写真が撮れるのだろう?」そんな疑問を受け取ってくれたのが、写真家の吉森慎之介さん。吉森さんの写真は、特に何かが際立っているわけではないけれど、落ち着くし、頑張りすぎていない。シンプルで、ていねいで、きれい。そんな彼のInstagramは、アルバムというより、ポートフォリオ。こんな写真が撮れたら、「あ、センスいいな」って、思われるのかもしれません。

▲yoshimori shinnnosuke 

知っておきたい3つの原則

吉森さんいわく、たった「3つの原則」を徹底するだけで、写真の雰囲気は大きく変わるそう。まずは、その原則を紹介します。

1.スマホカメラに「グリッド」を表示する

「設定」→「写真とカメラ」→「グリッド」をONにすれば設定完了

1つめは、グリッドを表示させること。それによって、初心者でも一目で構図を意識した写真が撮れるそう。設定は、上図を参考に。


▲「グリッド」をONにしたときのプレビュー

おもしろいことに、この9分割された線が交わる“交点”が、人間の目に行き届きやすいポイントみたいです。被写体(上図ならカップ)をグリッドの交点に置くだけで、写真の印象は全然違うんだって。

iPhoneは「スクエア」を選んでいた方が、Instagramの画角として想像しやすいかも。

2.イケてる加工アプリは「VSCO」

出典:VSCO

多くのInstagrammer(インスタグラマー)※1が利用している有名な加工アプリ「VSCO」。無料なのに(登録必須)フィルターの数も豊富で、コントラストや彩度を細かく調整することができます。もちろん、吉森さんもVSCOを利用しているとか。

吉森さんのお気に入りフィルターは、「フェード」。1.0~2.0聞かせると雰囲気のある写真になるそうです。

※1……数万〜数十万人のフォロワーがいるInstagramアカウント運営者。その拡散力や影響力を持った人のことを「Instagrammer(インスタグラマー)」と指す。

ただしフィルターの使い方に、「これがいい!」と言い切ってしまうと加工の幅が狭まってしまうそう。自分が好きな写真をイメージして加工してみましょう! きっとそれが”あなたらしい写真”の第一歩になるはず。

VSCOをダウンロード(iPhone ver.)
VSCOをダウンロード(Android ver.)

3.晴れた日の日中は、必ず自然光を取り入れる

提供:yoshimori shinnosuke

「自然光に勝るライティングはない」と話すほど、自然光は大切。ただしおしゃれなカフェで撮るならば、テラスよりも窓際の席を確保すること。直に自然光を浴びるよりも、窓ガラスを挟んだほうが光が分散され(これを『デフューズ』というらしい)、ふわっとした柔らかい雰囲気の写真が撮ることができるそう。

逆に、暗い印象を与える夜での撮影は、Instagramには不向きだとか。アルバム全体を明るく見せてくれた方が、見る側としても気持ちいいですよね。

上図のように、くっきりとした影が伸び、かつ柔らかい雰囲気を演出するのは、ちょっとした工夫も必要なのだ。これを知っているかどうかで、写真はまったく違う顔をするんだろうな。

きれいに、おしゃれな写真を撮るコツ

では、ようやく本題。さっきの「3つの原則」だけでも十分にタメになったけれど、きれいに、おしゃれな写真を撮るにはどういったコツがあるのだろう。もう少しだけ実践的なパターンできいてみよう。

写真の加工をイメージする

「ぼくが写真を撮る際に意識していることは、“加工までが写真”ということ。家に帰るまでが遠足……みたいな(笑)。きれいな写真を撮るためのコツは、構図云々のまえに、撮る瞬間に加工のイメージができているかどうかじゃないかなと。たとえば『食器』が被写体のときは、『どうやったら食器を主役にできるか』を考えます。」(吉森)

提供:yoshimori shinnosuke

「たとえばこの写真(上の画像)。主役は食べ物に見せかけて『食器』なんです。だからあえて、ピントも合わせていない状態で、フラットな雰囲気を演出しています。できるだけ逆光を利用して、影をつくり、主役に立体感を与えてます。順光(カメラの背後から被写体に向かって影が差すこと)で撮るのは難しいと思うので、食べ物や食器は逆光で撮ったほうがやりやすいと思います」(吉森)

▲カフェでは窓際の席をチョイス! 黄色(逆光)とピンク色(サイド光)を意識して撮影しましょう。

「俯瞰図」はひと工夫で雰囲気を演出

「あと食べ物を主役にするときは、極力俯瞰(真上からの撮影)で撮るようにしています。ただし机の上があまりにもごちゃっとしていると、写真全体がうるさくなるので注意ですね。個人的にわざと見切れさせることも好きで、ドライフラワーや野草をアクセサリーとして使うことが多いです。ひと工夫するだけで、華やかな印象になりますから」

提供:yoshimori shinnosuke

被写体が2つ以上のときは、見切れさせる

「もし被写体(主役)が2つ以上のときは、あえて見切れさせてもいいのかなと。無理やり入れてもいいですが、カフェでわざわざ立って、上から写真を撮るのって結構恥ずかしい(笑)。それに加えて、あまりに情報量(色)が多い写真はちょっとうるさいかも。たくさん撮りたい気持ちを抑えて、できるだけ光源を意識して見切れさせるだけで、まとまったきれいな写真になると思います」(吉森)

提供:yoshimori shinnosuke

人物・背景写真は、“凝りすぎない”

「iPhoneで背景写真を撮るときは、ピントを合わせなくてよいです。『カメラ』を起動してすぐの状態で撮れば、写真全体がフラットに写ります。ピントを合わせてしまうと、どこかがボケてしまうので。ちなみに人間が被写体のときのコツは、相手の腰の位置に合わせてかがんであげると綺麗に撮れます。写真を撮るときって、自分の目線に合わせて撮影するので、被写体を見下ろしてしまうんですよね。これだけマスターすれば、きっと素敵な写真が撮れるようになると思います」(吉森)

さいごに

今回紹介したテクニックを駆使すれば、友達に差をつけられるかも! “インスタ映え”する写真が投稿できれば、自然と「いいね!」も増えることでしょう。ぜひ、今日から実践してみてくださいね。

取材協力


吉森 慎之介(yoshimori shinnosuke)
熊本県出身の写真家
ポートフォリオInstagram

この記事を読んだあなたへ

tabica
TABICAでは「インスタ映える」する写真を撮るためのテクニックを習得できる写真のワークショップを開催しております。ぜひ自分のマイカメラを持参して、プロのカメラマンにいろいろと教わりに参加してみてはいかがでしょうか。
写真ワークショップの詳細はこちら