エクストリーム出社って何?究極の朝活にチャレンジしたい女子必見!

ただ出社するだけではつまらない……そんな方に「エクストリーム出社」はいかがですか。究極の朝活と呼ばれているエクストリーム出社。今回は、エクストリーム出社について詳しくご紹介したいと思います。

エクストリーム出社とは

エクストリーム出社とは、通常の出勤前の時間帯に極端な非日常体験をしてから元気よく出社すること。名前は「エクストリームスポーツ」から由来するもので、出社前の時間帯を極端なアクティビティをこなす時間に当てます。そうすることで、朝から出社に間に合うかどうかハラハラする感覚を楽しむきっかけづくりになります。エクストリームスポーツがスリルあるスポーツなのに対し、エクストリーム出社もドキドキするような経験を作れたら…という思いから考案されたものとされています。

特にルールは決まってないので、自分でハードルを設けて継続させることも可能。慣れてくれば、徐々に難易度を上げて、色々なことにポジティブにチャレンジしていくことがエクストリーム出社の醍醐味なんです。
出典元:http://extreme.tanoshinal.com/p/blog-page.html

エクストリーム出社=究極の朝活

ただの朝活とエクストリーム出社の違いは何なのでしょうか。同じ朝を有意義に過ごすという目的ではさほど変わらないものの、一番の違いはやはり「出社前の時間にどれだけ楽しいことができるか」というモチベーションの違いだと思います。また、朝活というしばりがあると、何かを学ばなければならないといったプレッシャーも少なからずあるでしょう。

エクストリーム出社の場合は、会社の出勤前の時間でできる「面白いこと」や「好きな仕事をさらに楽しむ」ために実行するのがポイント。毎回やることが違っても、それが自分にとって楽しいことであり、リフレッシュできるのであればOK。明確に分けて考えるのがどうしても難しいという人は、出社前の朝活にさすがにこんなことは普通しないでしょう、ということを実践するのがエクストリーム出社という見方をしても構いません。

エクストリーム出社するメリットとは

エクストリーム出社するメリットは、以下が挙げられます。

1.時間を有意義に活かせる
2.リフレッシュして仕事の効率が上がる
3.自分の限界に挑戦できる
4.平日の出社前の時間を休日のように過ごせる

平日の朝といえば、出勤することで手一杯かもしれませんが、始発に乗る気力とやる気さえあれば、早朝登山や早朝サーフィンなど出社前の時間を有意義に使うことができます。また、ちょっとした観光を兼ねて始業前までに戻って来れそうな距離の観光地を新幹線で訪れてみるのも新鮮。平日の出社前の時間をまるで休日のようにカラオケやボーリングに行くのも楽しそうですね。

エクストリーム出社はこのように、自分の限界の範囲で、非日常的な体験を考え行うことが醍醐味。いままでとは違うルーティンで会社に出社することになりますので、ワクワク感や高揚感を得られることでしょう。

エクストリーム出社を実践するなら

エクストリーム出社には先述したように、特にこれと言ってルールはありません。平日の出社前に行なうので、もちろん遅刻やアルコールの摂取は厳禁ですが、お勤め先の就業に影響がない範囲であれば、何をやっても構わないのです。無理をしない範囲で、最大限に楽しめるものを考えたいもの。そこで、参考になるようなエクストリーム出社の例をいくつかあげたいと思います。

朝一に築地市場へ行き、新鮮な海の幸を堪能する

写真提供:YNS / PIXTA(ピクスタ)

朝から市場関係者のせりの風景や威勢のいい声が飛び交い、活気のある築地市場。朝一に行けば、海鮮丼やウニ定食など新鮮な海の幸をたっぷりと味わうことができます。普段食べることのない採れたての海の幸をいただいてから出社するのもいいですね。

出社前に鎌倉へ向かい、波の音を聞きながら座禅する

海が好きな方やちょっとたそがれたいと思う人は、朝早起きして、海へ出かけましょう。まずは精神統一。気持ちを落ち着かせるために、波のさざなみを聞きながら座禅を行うとよいでしょう。ほんのひとときの静寂の時間を取り入れることで、朝からリフレッシュすることができます。最近では、便利な座禅アプリが出ているので、試してみるのもいいかもしれませんよ。

座禅が終了したら、海をずっと眺めるのもよし。ビーチ沿いを散歩するのもよし。自然の営みを感じながら出社時間まで癒しの時間をエンジョイしちゃいましょう。

前日夜にお台場の大江戸温泉へ。出社時間までくつろぐ

ちょっとエクストリーム出社になれてきたなと思う人は、出社以外の時間をフルに生かしたエクストリーム出社の例をご紹介したいと思います。「どこまでいけるか」という自分試しにもいいかもしれません。

仕事終わりにそのまま自宅へ戻らず、お台場の大江戸温泉に向かいます。疲れをいやしながら温泉でリラックスして、そのまま朝まで大江戸温泉で過ごすプランです。終電が近づくに連れて人がまばらになって行くと思いますが、朝まで大江戸温泉を満喫しましょう。

一夜を明かし、翌朝の出社時間まで入浴施設を楽しむのが目的ですが、眠気から翌日の仕事に影響が出るか不安の方は、朝一に早起きして、入浴施設に行って、湯上がりに出社する方法もあります。一度でいいから挑戦してみたいと思うチャレンジャーは、ぜひ行なってみてはいかがでしょうか。

朝からカラオケ、ボーリングを楽しんでから出社する

こちらは遊びのアクティビティをとことん詰め込んだプランです。時間配分がとても大切になるので、あらかじめカラオケ1h、ボーリング1hで2ゲームなど決めておくとよいでしょう。休日にしか楽しないレジャーも、早朝に行えばまとめて楽しめちゃいます。日頃のストレス発散や気分転換に最適ですよ。さらに、普段なかなか遊びにいけない友人とも会えるチャンス。

出会いを求めている人は、社外のつながりをエクストリーム出社に参加することで増やすのもありです。お酒は飲めませんが、アクティビティの後にカフェやレストランでのモーニングを使って交流を深めることができます。エクストリーム出社に参加するだけあって、自分と同じ行動力のある人と出会えるかもしれません。

さいごに

エクストリーム出社は、会社と自宅の往復で日々の生活にハリがないと思っていたり、刺激が少ないと思う方にはぴったりな習慣です。朝活とは一味違う、ある種自分を見つめ直すきっかけにもなるエクストリーム出社のトライしてみませんか。慣れてしまえば、休日を待たずして、平日でも休日のようなレジャーやアクティビティを行うことができ、より充実したライフスタイルを過ごすことができるでしょう。

この記事を読んだあなたへ

TABICAでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、TABICAでしか味わえない朝に行える体験を用意しております。日常ではちょっと味わえない体験に、TABICAを通して参加してみませんか?
詳細はこちら

メニュー