TABICA初のイベントを開催!「世の中には人の数だけ暮らしが存在している」TABICAとホストが描く未来とは?【イベントレポート】

「地域の暮らしを旅する」をコンセプトにさまざまなイベントやワークショップを提供しているTABICAが、ホストやゲスト、ボランティアの方々を招いて「TABICA感謝祭」を開催しました!

挨拶

イベントの開始時間が迫ると会場は満席に。開催の挨拶のあと、参加者同士の自己紹介が行われました。

自己紹介

自己紹介は「実は私◯◯なんです」というお題をもとに、回答をテーブルメンバーで共有するグループ形式で行われました。中には「実は私“武士”なんです」といった驚きの回答が飛び出すなど、各テーブルで大いに盛り上がりました。

※目黒を舞台に江戸の名残をたどっていくツアーを開催している“武士”の岡田さん

TABICA事業本部長の原田さん挨拶

自己紹介が終わると、続いてTABICA事業本部長の原田祐二さんからのご挨拶。

「ホストの方々は一人ひとり個性的なストーリーを持っています。そして、TABICAを通してさまざまなゲストの方たちにそのストーリーを伝えてきました。そんな素晴らしいホストの方々が今日のイベントで一堂に会しているということがとてもうれしいです。本日はお集まりいただきありがとうございます!

TABICAは『人にはそれぞれの暮らしがある』というテーマを軸としています。世の中には人の数だけ暮らしが存在しており、さまざまな人に出会い、そして刺激を受けることでそれぞれの暮らしや人生は変わっていきます。そんなきっかけを、これからもTABICAで作れたらいいなと思っています。

今日はホストの方だけでなくゲストやボランティアの方も参加していますが、誰もが自分のストーリーを持っており、ホストになる可能性を秘めています。今日ここにいるみなさんがTABICAのホストになり、世の中に新しい暮らしを作っていきましょう!」

TABICA発起人・細川哲星さんの挨拶

続いて、TABICA発起人の細川哲星さんから「これまで・これから」についてお話がありました。

「私の地元は合併して大きな市になったのですが、それと同じように2040年には896市区町村が消滅の危機に扮していると言われています。そういった経験から、『地域の課題を解決したい』と思い、TABICAを立ち上げました。小さいことから大きなことまで、『やりたい!解決したい!』という思いを形にしていくサービスにしたいと思っています。今日のイベントでは、みなさまが多くの方と出会い、そして話すことで、新しいアイディアが生まれるのではないかと楽しみにしています。そういった意図を込めて、これから『STORYワークショップ』を行います!」

STORYワークショップ

細川さんの挨拶が終わると「新しい体験やイベントを考えてチーム内に発表する」というワークショップが行われました。その名も『STORYワークショップ』。

心と体のリフレッシュをテーマにした塗り絵のワークショップや、戦争体験に基づく街歩きなど、各テーブルでさまざまな案が生まれました。

チーム戦クイズ

ワークショップの後は、各テーブルでチームに分かれ、クイズ大会を実施! 冒頭に原田さんがお話ししていた中から「現在のホストの数」や「TABICAが進出している国」など、さまざまな問題が出ました。

食事

ここでお昼休憩に。添加物を使っていない手作りのお料理が振る舞われました。


※食事をしながら談笑するホストのみなさん


お昼休憩中、突然スタッフの方たちから歓声があがりました。なんと、ゲストとして参加していた方から「今度はぜひホストをやってみたい」という声が! 「交流することで新しい暮らしを生み出す」というTABICAの在り方そのものを象徴するできごとでした。

表彰式

お昼の後は、2016年に活躍したホストの方々が表彰されることに!

最も多くのメディアに登場し、TABICAの素晴らしさを世に広めることに大いに貢献した「メディア王」には、山内美香さんが選ばれました。

TABICAのホストの中でユニークな体験を考案し、ゲストからも高い評価を得た「ニッチ王」には大塚章弘さんが選ばれました。


最も高いゲストの満足度を得た「ホスピタリティ王」は菜奈美さんが選ばれました。


TABICAの中で高い信頼感を得て最も多くのゲストを集客した「集客王」は、おおるりファームさんが選ばれました。

手紙

表彰の後は、今までたくさんの体験を提供してくださったホスト、ゲスト、そしてボランティアの方へ「普段はなかなか直接伝えることのできない感謝の気持ち」を込めたお手紙が、スタッフから参加者へと手渡されました。

代表者挨拶

「本日参加いただいた多くの方が『TABICA』で体験を提供してくださっています。そんなみなさんが一堂に会し、思い思いに交流し、そして新しい企画が生まれる。TABICAが目指しているビジョンを具現化したような1日でした。

先ほどスタッフと張り出された企画案を眺めていたのですが、おもしろそうな企画が数多くありました。ぜひ、実際に開催していただきたいです。これからTABICAをより大きくしていくために、2017年は全国展開を目指し頑張っていきたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします!」


※細川さんのご挨拶のあと、参加者のみなさんで記念写撮影を行いました。


※参加したみなさんには、「小山直樹さま」「おおるりファームさま」「虹色菜園さま」「みのりファームさま」「山内ぶどう園さま」「えがおファームさま」からご提供いただいた野菜がお土産として配られました。

イベントを終えて

イベント会場は参加者たちの会話でにぎわい、スタッフ、ホスト、ゲスト、ボランティアの垣根を越えてさまざまな交流が生まれました。TABICAスタッフが抱く「サービスに関わる人たち」に対する思いと、参加者の方々が抱く「TABICA」に対する思いが交差する、とてもあたたかいイベントでした。

「TABICA」はこの1年でホスト・ゲストともに登録数が大幅に増加しました。そして今後、日本全国へとサービスを展開していきます。

今回イベントに参加することができなかったあなたも、次はホストやゲストとして「TABICA」の輪に加わってみてはいかがですか? きっと、予想もしなかった繋がりが生まれ、「新しい旅」をはじめるきっかけを掴めるはずです。

TABICA コンセプトムービー

この記事を読んだあなたへ

 
tabica
TABICAでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、農業体験やものづくり体験、街歩き体験ができる着地型観光を提供しています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしを体験できるような企画内容となっていますので、日常ではちょっと味わえない体験に参加してみませんか?
詳細はこちら