季節のイベントも満載!立川市にある国営昭和記念公園で楽しもう

東京・立川の昭島市にある 昭和記念公園は、日本でも最大規模の国営公園です。公園ですが入園料が必要になります。しかし、四季折々の花々が抜群に美しく季節のイベントも豊富で、様々な楽しみ方ができます。今回は昭和記念公園の遊び方、イベントを紹介します!

各種ゾーンの見どころ紹介☆

1.展示施設ゾーンのドッグラン・サイクリングコース

展示施設ゾーンではドッグラン、全長14kmのサイクリングコースがあります。アウトドア好きな方はぜひ!

2.水のゾーンではボートが、夏はプールが楽しめる!

水のゾーンでは、「水鳥の池」でボートが楽しめ、広大な自然の中でボートで遊んだりできるので、デートにもぴったり!また、夏には本格的レジャープールの「レインボープール」が人気です!

3.広場ゾーンで思いきりくつろごう

バーベキューができる施設やレストランがある広場ゾーンでは、フットサルやディスクゴルフなど各種スポーツが楽しめます。また、「みんなの原っぱ」は東京ドーム2個分という広大なスペースになっています。

4.森のゾーンで静かに自然を満喫しよう

 

森のゾーンでは日本庭園があり、落ち着いた和の雰囲気を味わうことができます。風情感じる場所で、安らぎの時間を過ごしたいですね!

春夏秋冬のイベントが年間を通してあります

5.立川まつり国営昭和記念公園花火大会

毎年7月には、立川まつり国営昭和記念公園花火大会が開催されます。毎年約70万人以上の観客で盛り上がり、夏の風物詩を楽しみにきています!

6.Winter Vista Illumination

毎年12月になると、「Winter Vista Illumination」というイベントが開催されます。約20万個のイルミネーション・シャンパングラスツリーが輝いて、毎年約15万人の人出でにぎわうイベントとなっています!

この記事を読んだあなたへ

tabica
TABICAでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、東京街歩きを開催しています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしを体験できるような企画内容となっていますので、日常ではちょっと味わえない体験に参加してみませんか?
詳細はこちら