【Takemetour/体験レポート】タイの水上マーケットめぐりとパッタイづくりを体験してきた

真剣な眼差し

手ごろな海外渡航先として人気の観光大国・タイ。

日本から片道6時間前後で行くことができ、さらに物価が安いことでも知られていますね。

TABICAでは、タイ現地のローカルツアーを企画する「Takemetour」とパートナーシップを組み、オリジナルツアーを開催中。今回は、そのツアーの様子をレポートしちゃいます!

タイの現地在住ガイドとともにめぐる水上マーケット

9:30 現地ガイドと合流

オフィス目の前

まずタイに着いたら、「Takemetour」のある「Phaya Thai(パヤータイ)」駅を目指します。タイには、レガシー系の航空会社が発着する「スワンナプーム空港」とLCC系航空会社が発着する「ドンムアン空港」という2つの主要空港がありますが、今回私が利用したのはスワンナプーム空港。目的地のPhaya Thai駅まではAirport Rail Link(ARL)に乗って1本で行くことができるので、アクセスには便利です。

タイ国王の慰霊スポット

ARLに乗るために、到着ロビーから地下の乗り場へ移動します。タイの国王が昨年亡くなられましたが、このように国王を慰霊するモニュメントがタイの至る所にみられました。

チケットのコイン

それはさておき、改札近くに設置されている券売機で、Phaya Thai行きのチケットを購入。値段は45バーツとお手頃価格ですね。日本ではなかなか見ることができないコイン式の切符が出てくるので、自動改札機にタッチして乗車します。

Phaya Thai駅

ARLに揺られることおよそ30分、Phaya Thai駅に到着しました。

ホテルの案内の目印

google mapを頼りに、駅を出て目的地まで歩いていきます。

セブンイレブンの見える道

ご覧のように(2つ上の写真を参照)左手にセブンイレブンが見える道を進んでいくとその先にホテルの案内が見えるので、案内に従って右折します。

tekemetourのオフィス

カラフルな緑色の建物の2階が、今回の目的地、「Takemetour」のオフィスです。

takemetourの外観

土日のためオフィスは誰もいませんが、9:30待ち合わせの10分前ぐらいには「Takemetour」のガイドさんが自家用車で迎えに来てくれます。挨拶を交わし、いよいよタイのローカル体験のスタートになります。

ワクワクしてきました〜!

10:00 目的地の水上マーケットに到着

水上マーケットの様子
今回向かうのは、Khlong Lat Mayom Floating Market(クローン ラート マヨム水上マーケット)。タイの地理によほど詳しくなければ、タクシーでしかアクセスすることの難しい場所です。しかし、「Takemetour」ガイドさんが目的地まで案内してくれますよ! タイの交通網はやや複雑ですが、そんなことを気にすることなく観光を楽しむことができます。

タイの市街ドライブ

クローンラートマヨム水上マーケットの入り口

オフィスからおよそ40分ほどドライブをしたのち、目的地の水上マーケットに到着。

バンジェさん

ここまで運転してくれたガイドのバンジェさん! 彼は日本に2年ほど留学経験があり、日本語もできちゃうんです。このツアーでは「タイのローカルエキスパート」と呼ばれる現地ガイド・コウさんと共に、タイを案内してくれます。

水上マーケット内の様子

アートTシャツ

さあ、いよいよ水上マーケットにやってまいりました。バンコクには主要な水上マーケットが3つあるといわれていますが、そのうちの一つが「クローンラートマヨム水上マーケット」です。今回はここで開催されるボートツアーに参加して、みどころスポットに連れていってもらいますよ。

Takemetourのローカルエキスパートのコウさん

乗り場では、コウさんが手際よく人数分のボート乗車券を手配してくれました! さすがっす!

水上マーケットめぐり

ボートに乗り込んで、水上マーケットをめぐる旅が始まります。一体どんな体験なのでしょうか。

タイ式の家1

水上に浮かぶ家! これは日本では見ることができない景色です。

タイ式の家2

タイの家は、洪水が起きても耐えられるようにしっかりと建てられているとのこと。「水の都」と呼ばれる理由がわかる気がしますね!

地元の住民2

ボートにのっていると、地元の人たちの生活にも触れることができました(写真は嬉しそうに手を振ってくれたおじいさん)。ごく当たり前のように「水上暮らし」をする人々に触れられるのは、このツアーの最大の魅力なのだと思います。

タイの魔よけと郵便物

写真の赤いポストには、ボートから投函されるそうです。「水上」がひとつの交通路として機能しているんですね!

10:40 ローカルな水上マーケットで、タイ仏教の祈祷体験

watsapan floating market

ボートに揺られること20分。「watsapan floating market」という水上マーケットに到着しました。バンジェさんいわく、「タイの旅行雑誌にも載っていないローカルな浮遊市なんだよ」とのこと。

 

水上マーケットのストリートフード

小腹も空いてきたので、ストリートフードを買いました。「唐揚げバナナ」という、油で揚げたバナナを試食。いつも日本で食べている揚げ物とは違って、「衣の中が甘いバナナ」というなんとも不思議な味を楽しめました……(笑)。

11:45 クローンラートマヨム水上マーケットで昼食の買い出し

クローンラートマヨム水上マーケットで買い出し

祈って食べて、また食べます! ボートをおりて、コウさんのご実家へお邪魔することに! なんと、昼食をごちそうしてくれるそうです。道中の「クローンラートマヨム水上マーケット」にて買い出しを行います。

買い出し

野菜を買って、

なまず

魚を買って、

ココナッツジュース

ココナッツを買う! これ、全部食べきれるのかな…?

魚の餌やり

買い物を終え、ご実家に向かうまでの道中で、魚に餌やり体験をさせてくれました。日本だと、道路に魚がいるような感覚なので不思議な気持ちになります…。

水上マーケットの日常

上の写真は、ボートで食材を販売している様子です。これぞ、タイのライフスタイル!

12:30 コウさんのご実家で「パッタイづくり」を体験

 

いよいよ、待ちにまった現地のかたによる「パッタイづくり」体験! まずは、コウさんのおばあさんがお手本を披露してくれます。

パッタイづくり3

まずは、エビを油とからめるところから始まります。見るからに余裕そうなおばあさん。おばあさんにとって、片手で十分なんでしょうね……(笑)エビと他の食材を分けて炒めていることがポイントだそう。

パッタイづくり5

パッタイのタレを絡めて、さらに炒めていきます。おばあちゃんの熟練の調理技術に終始釘付けです。

パッタイづくり6

「はい、お皿取って」とコウさんに指示出し。

コウさん「」

パッタイづくり7

さっ

真剣な眼差し

さささっ

満面の笑み

あっという間に料理が完成! とてっも美味しそう……(じゅるり)

 

料理の数々

水上マーケットで仕入れた食材と、いただきます! ものすごいボリューム!

ワンちゃんも泣き叫びます

コウさん一家は、大人数がこの家の中で暮らしているとのこと。食事後は家の中を案内してくれました。ふつうに家具や日用品が置かれているし、元気な犬たちも住んでいるけれど、ここって水上なんですよね。あらためて、素敵な街だなぁと感動してしまいます。

お土産

別れ際に、コウさんの奥さまから手作りの小物をいただきました。これを持っていれば、いつまでも今日という日を忘れない!

13:30 解散 チェックイン予定のホテルまで送迎

タイの風景

あっという間の4時間でしたが、こんな短時間でタイのローカルスポットを巡ることができ、かけがえのない体験ができました。現地の人と生の交流もでき、普通のツアーではできないような体験ができますよ!

この後の予定に合わせて、近場であれば車で送迎してもらえるのもいいですよね。タイに観光に行くなら、ぜひ「Takemetour」のローカルツアーに参加してみてくださいね。

詳細はこちら

水上マーケット以外のタイのローカル体験もあります!

タイならではのTukTukに乗ってバンコクの生活を体験

tuktukからの眺め

出典:TABICA

タイといえば、市内めぐりに便利な乗り物として「 TukTuk」が人気ですよね。「Takemetour」のガイドさんが、旧市街へ向けてtuktukに乗りながら案内してくれます。なんといっても現地の通訳とともにストリートフードや屋台のおすすめ品など、地元の人だからこそ知りうる情報を得ることができるので、タイのローカルな雰囲気を楽しむには最適なツアーです。

基本情報

  • 開催期間:下記サイト参照
  • 体験時間:13:30〜17:00
  • 開催場所:ワットポー寺院およびその周辺
  • 参加料金:大人・高校生・中学生4,134円、小学生2,067円、6歳以下0円

詳細はこちら

タイでムエタイ体験!元チャンピオンとともに、トレーニング生活

タイでムエタイ

出典:TABICA
続いては、元ムエタイチャンピオンやプロボクサーが通う「ムエタイトレーニングセンター」で、トレーニングメニューが体験できるツアー。もちろん、ボクシング初心者でも大丈夫です!

基本情報

  • 開催期間:下記サイト参照
  • 体験時間:14:00〜18:00
  • 開催場所:バンコクのボクシングジム
  • 参加料金:大人・高校生・中学生4,196円、小学生2,098円、6歳以下0円

出典:TABICA

詳細はこちら

実はもう一つあった!タイの第二のチャイナタウンでローカル体験

Tha Din Daeng Market

出典:TABICA
観光スポットとして有名な「ヤワラート通り」を中心にしたチャイナタウンですよね。今回のTakemetourのツアーでは、よりディープなチャイナタウン「Tha Din Daeng Market」をめぐります。

フラワーマーケット

出典:TABICA
その他、寺院やフラワーマーケットなど、タイの暮らしを肌で感じられるスポットを次々とめぐります。ぜひ、チャオプラヤ川周辺のコミュニティにふれてみてくださいね。

基本情報

  • 開催期間:下記サイト参照
  • 体験時間:10:00〜17:00
  • 開催場所:Tha Din Daengおよびその周辺
  • 参加料金:大人・高校生・中学生1,908円、小学生954円、6歳以下0円

詳細はこちら

バンコクに近い小さな街をめぐる!100年以上前の旧市街で文化体験

タイ旧市街の博物館

出典:TABICA
タイのローカル文化をもっとも満喫できるといわれるのが「フォタラム市場」。現地のガイドさんが、その魅力を余すことなく伝えてくれる日帰りツアーとなっています。影を使った古典の人形劇や、タイカフェでのランチ、川沿いでの自転車や散歩など、タイでの日常生活を満喫させるアクティビティが充実した体験内容となっています。タイの芸術文化にふれるならもっともおすすめな体験となっていますので、ふるってご参加ください。

基本情報

  • 開催期間:下記サイト参照
  • 体験時間:13:30〜17:00
  • 開催場所:フォタラム市場周辺
  • 参加料金:大人・高校生・中学生5,810円、小学生2,905円、6歳以下0円

詳細はこちら

タイの鉄道マーケットとマングローブを植える自然体験

鉄道マーケット

出典:TABICA
Takemetourの中で、もっとも自然に触れることができるのは、”マングローブの木を植える”この体験。タイで有名な鉄道マーケットにて、地元の伝統市場についてふれ、クロンコン村周辺で現地のかたがたとマングローブを植えます。野生動物と接触することもできる、充実したツアーですよ。

 

基本情報

  • 開催期間:下記サイト参照
  • 体験時間:8:00〜16:00
  • 開催場所:クロンコン村周辺
  • 参加料金:大人・高校生・中学生6,779円、小学生3,389円、6歳以下0円

詳細はこちら

ヤシの砂糖づくりとマクロン川で地元生活体験

ヤシで砂糖づくり

出典:TABICA
最後は、ココナッツの木で砂糖づくり体験! 浮遊市場(水上マーケット)での漕ぎ墓ボートは、タイの暮らしを体験することができます。メクロン川を眺めながらしばしリラックスできる時間もありますので、のんびりとタイ旅行を楽しみたいかたもおすすめですよ。

 

基本情報

  • 開催期間:下記サイト参照
  • 体験時間:7:30〜17:00
  • 開催場所:メクロン川およびその周辺
  • 参加料金:大人・高校生・中学生4,842円、小学生2,421円、6歳以下0円

詳細はこちら

さいごに

tabica
TABICAでは、「地域の暮らしを旅する」をコンセプトに、海ローカルな場所をめぐる日帰りツアーを提供しております。従来のツアーとは異なり、現地集合、現地解散する着地型観光という形態をとっています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしに触れてもらえるような企画内容となっておりますので、日常ではちょっと味わえない体験に参加してみませんか?

メニュー