ムーミンに会える!?のどかな千葉を走る「いすみ鉄道」こだわりの旅

みなさんは千葉県にあるローカル線「いすみ鉄道」をご存知ですか? 一時は利用客の減少により廃線を検討されていましたが、今やムーミンに会えるかもしれないローカル線として、鉄道ファンだけでなく観光客にも人気があります。これをみれば今すぐ出かけたくなりますよ。

 

1.いすみ鉄道とは?

出典:Norio.NAKAYAMA

いすみ鉄道は、千葉県房総半島のいすみ市・夷隅郡大多喜町を走るローカル線です。

路線はいすみ線があり、大原駅から上総中野駅まで全長26.8kmを結びます。

もともと国鉄特定地方交通線だった木原線を引き継いだ鉄道路線で、過去には赤字が続き廃線の危機にもなりました。

その後、沿線ののどかな風景を生かしたユニークな企画や、鉄道と共に周辺の観光地をアピールするなど様々な努力を続けた結果、平日休日問わず多くの鉄道ファンや観光客が訪れるようになりました。

 

2.14駅を走るローカル線

出典:Norio.NAKAYAMA

いすみ鉄道いすみ線へは、JR外房線大原駅で乗り換えます。

駅の数は、大原駅から下り線の終点駅である上総中野駅まで14駅あります。

上総中野駅から、JR内房線の五井駅まで走る小湊鐵道と接続しており、房総半島を列車で横断できます。

 

3.ムーミン列車

出典:adelie33_Asako

ここ数年話題を呼んでいるのが、ムーミン列車です。

全部で6両あり、車両にムーミンなどのキャラクターたちが描かれています。

かわいらしいデザインが女性や子供たちに好評で、ムーミン列車の車内は多くの人で賑わいます。

また、いすみ鉄道いすみ線では通常、昭和に活躍したレトロな車両も運行しています。こちらもなかなか風情があっておすすめです。両方の車両を楽しんでください。

 

4.車両内にもムーミン

出典:adelie33_Asako

列車の外にもムーミンがいますが、なんと車両内にもいたるところにムーミンのイラストがあります。

とっても可愛いので、小さなお子さまも喜びそうですね!

車両の後方では、乗車した列車のキャラクタースタンプが押せます。たくさん乗ってスタンプを集めましょう。

 

5.車窓からムーミンが!!

VioLaさん(@iain1221)が投稿した写真 – 2016 4月 6 12:23午前 PDT

ムーミンを見られるのは車両だけではありません。なんと車窓から見ることができるんです。

いすみ鉄道いすみ線沿線に広がる美しい自然豊かな風景が、ムーミン谷に似ていることから房総のムーミン谷としてアピールしています。

アニメの世界を再現したかのような雰囲気のあるムーミン谷を通るときには、事前に車内放送で知らせてくれるので安心。

その他にもたくさんのムーミン出現ポイントがありますので、是非探してみましょう。

 

6.ムーミンいっぱい国吉駅

出典:Norio.NAKAYAMA

ムーミンに囲まれた駅もあります。その名も「風そよぐ谷・国吉駅」です。

構内にはムーミンショップがあり、ムーミン関連のグッズの販売や展示を行っています。

いすみ鉄道とのコラボ商品が買えるのは国吉駅だけです。乗車の記念やお土産にいかがでしょうか。

 

■基本情報

  • 【店舗名】VALLEY WINDS
  • 【営業時間】10:00〜16:00
  • 【定休日】なし(毎日営業)
  • 【場所】いすみ鉄道国吉駅構内
  • 【公式サイト】VALLEY WINDS

 

7.国吉駅そばの広場にもムーミン

出典:: : Ys [waiz] : :

国吉駅そばの広場には、ムーミンや仲間たちの彫刻があります。

手作りなのでとても温かみがあり、ほっこりとした気持ちになります。

列車から降りてすぐ、ホームからあちこちにムーミンがいますのでワクワクドキドキしますよ。

 

■いすみ鉄道 基本情報

  • 【路線名】いすみ鉄道いすみ線
  • 【総距離】26.8km
  • 【駅数】14駅
  • 【起点】大原駅
  • 【終点】上総中野駅
  • 【接続路線】JR外房線「大原駅」、小湊鐵道「上総中野駅」
  • 【住所】千葉県夷隅郡大多喜町大多喜264(いすみ鉄道株式会社)
  • 【公式サイト】いすみ鉄道

 

 

今回は、のどかな田園地帯を運行するいすみ鉄道を特集しました。

ムーミン列車は本数が限られていますので、事前に時刻表等をご確認の上お乗りください。

休日はカメラ片手に1日中、周辺を散策してみませんか?
h2>この記事を読んだあなたへ

tabica
TABICAでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、農業体験やものづくり体験、街歩き体験ができる着地型観光を提供しています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしを体験できるような企画内容となっていますので、日常ではちょっと味わえない体験に参加してみませんか?
詳細はこちら