雪と米沢牛を楽しもう!〜上杉雪灯篭まつり〜

ピンと張り詰めた空気に冷たい風。雪降る季節になってきました。寒い夜だからこそ、あえて外に出て冬を満喫しませんか?今回は米沢牛で有名な山形県・米沢市で行われる伝統的な冬イベント「上杉雪灯篭まつり」をご紹介します!

 

【上杉雪灯篭まつり】

%e9%9b%aa%e7%81%af%e7%b1%a0%ef%bc%96

出典:米沢観光Navi Facebook

山形県の内陸南部、置賜(おきたま)地方に位置する米沢市。松阪牛、神戸牛と並んで「日本三大和牛」と呼ばれる米沢牛で有名ですね。江戸時代には、戦国武将・上杉謙信の子孫にあたる上杉氏が米沢藩として統治。上杉氏の城下町として繁栄しました。

「上杉雪灯籠まつり」は、その米沢市の上杉神社境内、松が岬公園一帯で毎年2月の第2土曜日、日曜日に開催される冬のイベント。一帯に約300基の雪灯篭と、1000個の雪ぼんぼり(雪洞)が並び、燭が灯されます。ふるさとの米沢だけでなく、現代の平和と発展を築いた先人たちに感謝し、その御霊に献灯して恒久平和を願うという趣旨があります。

もともとは1977年2月に、上杉神社社務所で月を愛で雪見酒を楽しむ「月見の会」が始まり。集まっていたメンバーで、雪の美や風情を楽しむ催しを話していた時に、雪の中にロウソクを灯すアイデアが浮かびました。実際に庭の雪の壁にロウソクを灯したところ、妖しい光芒に皆が息を飲んだといいます。この美しい景色を市民全体で楽しもうと、雪灯籠作りを市民に呼びかけ、この年の3月に第1回上杉雪灯籠まつりが開催されました。2017年で40回目を迎えます。

【上杉雪灯籠まつりの見どころ】

%e9%9b%aa%e7%81%af%e7%b1%a0%ef%bc%91

出典:米沢観光Navi Facebook

なんといっても目を引くのは、会場一帯に並ぶ雪灯籠。300基の雪灯籠と1000個の雪ぼんぼりに灯されたロウソクが淡く光り、米沢の夜を彩ります。

実はこの雪灯籠作り、申し込みをすると事前に参加することができるのです。1基につき3〜4人で制作し、初めての人はスタッフが指導してくれます。決められた期間内であれば、都合の良い時間に制作することができるので、友人や同僚、家族で申し込んでみるのもいいかもしれませんね。また、雪灯籠だけでなく、創作雪像も募集。申し込みをすれば団体で自分たちの好きな雪像を制作できます。「まつりに参加する」というのも、米沢雪灯籠まつりのコンセプトです。

%e9%9b%aa%e7%81%af%e7%b1%a0%ef%bc%93

出典:米沢観光Navi Facebook

松が岬公園内の鎮魂の丘には、雪で作られた「鎮魂の塔」が立ちます。これは、第二次世界大戦で雪国・米沢を離れ、遥か灼熱の南方に散った戦没者を思って作られるもので、この塔を前に鎮魂祭が行われます。献灯のために市民の長い列が夜遅くまで続きます。

%e9%9b%aa%e7%81%af%e7%b1%a0%ef%bc%94

出典:米沢観光Navi Facebook

雪灯籠の参道と雰囲気がガラッと変わるのが、キャンドルゾーン。カラフルなキャンドルやカラーメガホン、イルミネーションで彩られた雪の世界は、華やかに輝きます。「愛のハートのイルミネーション」前で写真を撮ると、永遠の愛がかなう…とか?

%e9%9b%aa%e7%81%af%e7%b1%a0%ef%bc%97

出典:米沢観光Navi Facebook

せっかくなら、米沢の味を楽しみませんか?「テント村物産展」では、米沢牛に米沢ラーメン、米沢牛のすじ肉と玉こんにゃく、野菜を煮込んだ「とろべこ汁」、鍋、牛串焼きなどの地元の名物が盛りだくさん!米沢と交流の深い地域からも、おいしい料理が集結します。雪灯籠を見ながら体を温めることができますよ。また上杉神社の近くにある上杉伯爵邸では、茶道を楽しむ茶会や、郷土料理と米沢牛を味わう「雪見会席」も開催されます。

幻想的な雪灯籠と、煌びやかなイルミネーション。様々な雪の美しさを楽しむことができます。

 

【2017年の情報】

%e9%9b%aa%e7%81%af%e7%b1%a0%ef%bc%95

出典:米沢観光Navi Facebook

%e3%82%86%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a

出典:上杉雪灯籠まつり公式サイト

イベント名:第40回上杉雪灯籠まつり

開催日:2017年2月11日(土)、12日(日)※2月10日(金)午後5時30分〜プレ点灯

スケジュール:

2月11日(土):テント村物産展、会場周遊スタンプラリー 午前11時〜午後9時、ステージイベント 午前11時〜午後5時、手作りローソク体験コーナー 午後12時〜午後8時、鎮魂祭 午後5時〜、雪灯籠、雪ぼんぼり、キャンドルゾーン、ぼんぼりロード点灯 午後5時30分〜

2月12日(日):テント村物産展、会場周遊スタンプラリー 午前11時〜午後8時、ステージイベント 午前11時〜午後5時、手作りローソク体験コーナー 午後12時〜午後8時、雪灯籠、雪ぼんぼり、キャンドルゾーン、ぼんぼりロード点灯 午後5時30分〜

場所:上杉神社境内(山形県米沢市丸の内1丁目4−13)、松が岬公園(山形県米沢市丸の内1丁目)一帯

アクセス:JR「米沢」駅からバスで「上杉神社前」下車、開催期間中は20分ごとに有料シャトルバス有り

問い合わせ:米沢観光コンベンション協会(0238-22-9607)

 

いかがでしたか?平和への思いを馳せながら、冬の空気と幻想的な雪の世界を楽しめる「上杉雪灯籠まつり」。おいしい米沢牛もお待ちかね!一度足を運んでみませんか?

この記事を読んだあなたへ

 
tabica
TABICAでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、農業体験やものづくり体験、街歩き体験ができる着地型観光を提供しています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしを体験できるような企画内容となっていますので、日常ではちょっと味わえない体験に参加してみませんか?
詳細はこちら

メニュー