春〜初夏の花々を楽しむ、関東と関西のお花畑スポット12選

桜やスイセン、チューリップなど、色とりどりの花々で賑わう春。
気持ちよく晴れた日には、あたり一面に広がるお花畑へ出かけてみませんか?
今回は春から初夏にかけての花々が楽しめる、全国の人気お花畑スポットをご紹介します!
 
関東

【茨城県】国営ひたち海浜公園「ネモフィラのお花畑」

公園内の「みはらしの丘」では、空の青に溶け込む“ネモフィラのお花畑”を見る事が出来ます。
“ネモフィラ”は和名を“瑠璃唐草”といい、淡いブルーの花弁が特徴的な一年草です。ネモフィラに覆われた広大な丘を歩いていると、まるで空を散歩しているような気持ちになりますよ。

お花畑のある「国営ひたち海浜公園」の開園面積は約200ヘクタールにも及びます。園内には「みはらしの丘」のほか、海に面した砂丘や草原、樹林などのエリアがあり、さまざまな草木を鑑賞しながら丸1日遊んで過ごせる施設となっています。

基本情報

  • 公式URL:国営ひたち海浜公園
  • 開園期間:通年 ※開園時間は時期によって異なる
  • 休園日:毎週月曜日、大晦日、元日 ※月曜祝日の場合は営業、翌日休業)
  • 料金:15歳以上/410円、65歳以上/210円、小中学生/80円
  • 開花時期:4月下旬〜5月中旬(ネモフィラ)
  • 所在地:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
  • アクセス:ひたち海浜公園I.C.より車で約1km、またはJR常磐線「勝田駅」からバス利用「海浜公園西口」下車 など

【山梨県】芝桜園 富士芝桜まつり「芝桜のお花畑」

雄大な富士山を背景に、鮮やかなピンク色のお花畑を楽しめる「富士芝桜まつり」。
約80万株の芝桜と間近に見える富士山のコントラストは、ぜひとも写真に収めたい日本の風景ですね。

miさん(@abcrabbitxx)がシェアした投稿 – 2017 6月 18 8:05午前 PDT

会場には3つの展望台があり、桜をイメージしたスイーツを味わえるカフェや、足湯が併設されています。期間中は「富士山うまいものフェスタ」などイベントも多数開催されているので、お花だけでなく地元グルメも堪能できますよ!

基本情報

  • 公式URL:2017富士芝桜まつり
  • 開園期間:2017年4/15(土)〜5/28(日)、8:00〜17:00
  • 休園日:要確認
  • 料金:中学生以上/600円、3歳以上/250円
  • 開花時期:2017年4/15(土)〜5/28(日)
  • 所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212(富士本栖湖リゾート)
  • アクセス:富士急行河口湖線「河口湖駅」からバス「芝桜ライナー」で約30分 など

【神奈川県】くりはま花の国

春はポピーが咲き誇り、秋の時期にはコスモス祭りと題し、たくさんのコスモスの花を観賞することができます。また、園内は愛犬とともに散策することができるので、ペット一緒に散策して、楽しい時間を過ごすことができますよ。

コスモスがなんと100万本もの数が園内で咲き誇る姿を見ると、とても心麗しい気持ちになります。それでいて、入場無料なので気軽にお花畑の観賞ができるくりはま花の国へぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

基本情報

  • 公式URL:2017富士芝桜まつり
  • 開園期間:コスモス祭り2017年9月9日(土)〜10月29日(日)
  • 休園日:要確認
  • 料金:無料
  • 開花時期:
  • 所在地:神奈川県横須賀市神明町1
  • アクセス:京急久里浜駅より徒歩約15分

【神奈川県】箱根湿生花園

箱根湿生花園は、湿地帯でしか見られない植物や高山植物が観賞できるスポットです。近くには箱根仙石原温泉があり、療養地としても使われています。箱根湿生花園では、低地から高山へと回るハイキングのような形で観賞できるのが特徴。

ノハナショウブやユリの花、サンショウバラなど季節によって1700種類もの草花を観賞しましょう。初夏の6月は花の種類がもっとも多く見られ、さらに10月には近くの仙石原のススキが見頃となるので、合わせて観賞するのがおすすめです。

基本情報

  • 開園期間:3月10日 〜 11月30日
  • 休園日:要確認
  • 料金:大人700円、小学生400円
  • 開花時期:草花によって異なる
  • 所在地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1244-2
  • アクセス:

【東京都】国営昭和記念公園

東京の立川にある国営昭和記念公園では、東京ドーム約40倍の敷地を有する場所。特におすすめの時期が9月〜11月下旬ごろまでの秋のシーズンです。一面に染まるピンクのコスモスの花畑や秋の到来を思わせるキンモクセイの匂いを感じながら散策できます。

そして、10月下旬からは秋本番のモミジやイチョウが見頃を迎えます。国営昭和記念公園は、花観賞の他にも、公園遊びやレジャーに最適なスポットですので、ぜひ家族連れやカップル、友人同士で楽しんでみてくださいね。

基本情報

  • 開園期間:休園日以外の日
  • 休園日:年末年始、2月の第4月曜日とその翌日
  • 料金:大人410円、子供80円
  • 開花時期:コスモス祭り9月16日〜10月29日
  • 所在地:東京都立川市緑町3173
  • アクセス:立川駅より10分

【千葉県】東京ドイツ村

東京ドイツ村は、千葉県の袖ヶ浦にあるテーマパークです。春に咲く芝桜は約25万本咲き誇り、地面を覆い尽くす絨毯のようなピンクの花模様が印象的。圧巻の景色は、観光やデートにぴったりですよ。

芝桜以外にもバラや紫陽花、コキアなど四季折々の花々が季節ごとに見られるので、ぜひテーマパークのアトラクションとともに楽しんでみてはいかがでしょうか。

基本情報

  • 公式URL:2017富士芝桜まつり
  • 開園期間:年中無休
  • 休園日:要確認
  • 料金:大人800円、子供400円
  • 開花時期:芝桜祭り3月下旬〜4月中旬
  • 所在地:千葉県袖ケ浦市永吉419
  • アクセス:館山自動車道 姉崎袖ヶ浦ICから約3km

 
関西

【兵庫県】あわじ花さじき「菜の花畑」

兵庫県淡路市に位置する「兵庫県立あわじ花さじき」には、明石海峡・大阪湾を背景に広大なお花畑が広がっています。

3月中旬ごろから「菜の花」が開花しはじめ、黄色い花のじゅうたんと真っ青な海の美しいコントラストを楽しむことができます。
その後「ムラサキハナナ」や「リナリア」、「ポピー」などが順を追って咲き、景色をより鮮やかに彩ります。一面の黄色も美しいですが、花がつくり出すパステルカラーの縞模様も素敵ですよ。

Ayakaさん(@marimari0226)がシェアした投稿 – 2017 8月 18 6:07午後 PDT

園内の展望台から、お花畑を見おろすこともできます。海風とともに花の香りを感じる、春デートにおすすめのスポットとなっています。

基本情報

  • 公式URL:あわじ花さじき
  • 開園時間:9:00~17:00
  • 休園日:年末年始
  • 料金:無料 ※駐車場も無料
  • 開花時期:3月上旬~4月中旬(菜の花)、4月中旬~5月中旬(ポピー)など
  • 所在地:兵庫県淡路市楠本2865-4
  • アクセス:JR山陽本線「舞子駅」または山陽電鉄「舞子公園駅」から高速バス、「東浦バスターミナル」下車、タクシーで約10分 など

 

【奈良県】葛城高原「ツツジのお花畑」

まっ赤に染まった山肌は紅葉ではなく、初夏に見ごろを迎えるツツジの群生です。この絶景を一目見ようと、標高約959mの葛城山に例年多くの人が訪れます。
斜面は急ですが整備された遊歩道があり、ツツジ畑の中を歩いて見ることができます。

「自然つつじ園」は山頂付近にあり、見に行くのにはロープウェイを利用したり山道を歩きます。そのため、お出かけの際には「ハイキングを楽しむ」という感覚で、動きやすい服装で行くことをおすすめします。
頂上にはロッジのほか、食堂やキャンプ施設もあり、美しい景色とアウトドアを楽しむことができますよ。

基本情報

  • 公式URL:葛城高原 自然つつじ園
  • 開園時間:周辺自由(ロープウェイは9:00~1700)※時刻表要確認
  • 休園日:なし ※葛城ロープウェイは定期点検のため運休あり
  • 料金:無料 ※葛城高原ロッジおよびキャンプ場は有料
  • 開花時期:5月中旬ごろ(ツツジ)
  • 所在地:奈良県御所市櫛羅2569
  • アクセス:「近鉄御所駅」からバス、「葛城ロープウェイ前」下車、「葛城登山口駅」からロープウェイに乗り換え、「葛城山上駅」から徒歩約15分 など

 

【京都府】夢コスモス園

京都の亀岡公園近くにある夢コスモス園では、見頃の時期にはコスモスが約800万本も咲き乱れるピンク模様の花畑が広がります。美しい花畑は写真撮影にもってこいです。

また、園内では地元の丹波亀岡の料理が楽しめる出店や創作かかしの展示など、花観賞以外にも楽しめる内容が揃っていますので、ぜひ京都の亀岡を訪れた際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

基本情報

  • 開園期間:
  • 休園日:要確認
  • 料金:中学生以上600円、子供300円
  • 開花時期:9月23日(土)〜10月29日(日)
  • 所在地:京都府亀岡市吉川町穴川野水
  • アクセス: JR嵯峨野線亀岡駅からバスで10分

 

【三重県】なばなの里「チューリップのお花畑」

三重県桑名市の「なばなの里」は7つの多彩なフラワーガーデンを有しています。
イルミネーションやホタルの鑑賞会なども開催され、さまざまなイベントとともに花を楽しめる一大フラワーテーマパークとなっています。

その中でも4月ごろ行われる「チューリップまつり」は人気が高く、国内最大級の花園に180万球ものチューリップが咲き誇ります。
ビビットカラーのチューリップは写真映えも抜群!写る人の表情まで華やかにしてくれそうですね。
時期によって桜やバラ、アジサイなども観賞できるので、お出かけの予定に合わせてぜひチェックしてみて下さいね。

基本情報

  • 公式URL:なばなの里
  • 開園時間:9:00〜21:00 ※ほたる鑑賞特別企画のため、5月下旬〜6月下旬は22:00まで営業
  • 休園日:2017年7月10日(月)~7月14日(金)※臨時休業有り、要確認
  • 料金:小学生以上/1,600円、小学生未満/無料 ※要確認
  • 開花時期:2月下旬〜3月下旬ごろ(梅・しだれ梅・河津桜)、3月下旬〜4月下旬ごろ(チューリップ・スイセン)など
  • 所在地:三重県桑名市駒江漆畑270
  • アクセス:近鉄名古屋線「近鉄長島駅」からバス、「なばなの里」下車すぐ など

 

【滋賀県】びわ湖バレイ「スイセンのお花畑」

琵琶湖西岸に位置する「びわ湖バレイ」。標高1100mの高原には「日本一のロープウェイ」があり、季節の花や紅葉とともに琵琶湖を一望できます。
「びわ湖バレイ」のスイセンの丘は関西最大級とも言われ、ゴールデンウィークあたりに見ごろを迎えます。

山頂には開放感溢れる「びわ湖テラス」があり、おしゃれなウッドデッキでコーヒーをいただくこともできます。
本格的なレストランのほか、そり遊び場やアスレチックもあり、大人から子供まで楽しめる滋賀県きってのレジャースポットとなっています。

基本情報

  • 公式URL:びわ湖バレイ
  • 開園時間:4月上旬~11月下旬(グリーンシーズン)、平日9:30~17:00、土日祝日夏休み9:00〜17:00
  • 定休日:2017年4月3〜4日、21~27日、6月26~30日、11月27日~12月下旬(予定)
  • 料金:(ロープウェイ運賃)大人往復/2,200円、小学生往復/900円、
  • 開花時期:4月上旬〜中旬ごろ(桜)、5月上旬〜中旬ごろ(スイセン)など
  • 所在地:滋賀県大津市木戸1547-1
  • アクセス:JR湖西線 「志賀駅」からバス、「びわ湖バレイ」下車すぐ など

 

【大阪府】大阪舞洲ゆり園「ユリのお花畑」

ユリの花は5月下旬から7月上旬に見ごろを迎えます。
大阪湾を臨む「大阪舞洲ゆり園」では、250万輪ものユリの花を鑑賞することができます。
花園はピンク、イエロー、オレンジと美しく色分けされていて、特に虹のように整えられた「ボーダーゾーン」は圧巻のスケールです。

@kouji.784が投稿した写真 – 2016 6月 21 8:36午後 PDT

開園5周年記念となる2017年からは、ヘリコプターや気球に乗ってゆり園を見おろすイベントの開催も予定されています。
公共機関からのアクセスがよく、電車とバスで気軽に行けるのも魅力ですね。

基本情報

  • 公式URL:大阪舞洲ゆり園
  • 開園時間:(2017年開演予定期間)5月27日(土)~7月5日(水)、平日9:00~17:00、土日9:00~19:00
  • 休園日:期間中無休
  • 入園料:中学生以上/1,200円、4歳~小学生/400円、学割(中〜大学生)/1,000円、65歳以上/1,000円
  • 開花時期:5月下旬~7月上旬ごろ(ユリ)
  • 所在地:大阪市此花区北港緑地2丁目
  • アクセス:JR大阪環状線西「九条駅」からバス、「舞洲スポーツアイランド」下車 など

さいごに

今回は、全国の人気お花畑スポットをご紹介しました。
あたたかく気持ちのいい春には、花々を楽しむ散策にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

tabica

TABICAでは、「地域の暮らしを旅する」をコンセプトに、農業体験やものづくり体験、街歩き体験を提供しております。従来のツアーとは異なり、現地集合、現地解散する着地型観光という形態をとっています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしに触れてもらえるような企画内容となっておりますので、日常ではちょっと味わえない体験に、TABICAを通して参加してみませんか?

TABICAの詳細はこちら

また、お花にふれることのできる体験もご紹介していますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。
TABICAのフラワー体験の詳細はこちら

メニュー