【2016年】聖夜に過ごしたいキャンドルナイト4選【東京近郊】

クリスマスにキャンドルナイト。ちょっと憧れますよね。キャンドルは、LEDの電飾にはない独特の暖かみを感じさせてくれます。大切な人とのデートにおすすめの、東京近郊・キャンドルイベントをまとめました。

南青山ル・アンジュ教会【東京都・表参道】

100万人のキャンドルナイト

キャンドルの灯が揺れる教会はこれ以上ない程ロマンチック。“南青山ル・アンジェ教会”では、毎年「でんきを消してスローな夜を」をテーマにしたキャンドルナイト・イベントが開催されています。

19:00より礼拝堂を一般開放、20:00に電気が一斉消灯され、繊細なキャンドルの灯だけがあたりを照らします。礼拝堂内で写真を撮る事は出来ますが、外からでも撮影OK。通路や階段など至る所にキャンドルが並びます。結婚式場としても人気の教会ですので、下見も兼ねたクリスマスデートにいかがでしょうか。

 

  • 【公式サイト】 南青山ル・アンジェ教会
  • 【日時】2016年12月19日(月) 19:00~21:00(20:00から一斉消灯)
  • 【場所】東京都港区南青山3-14-23 南青山ル・アンジェ教会
  • 【料金】参加無料
  • 【アクセス】東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」から徒歩1分

 

 

銀座キャンドルナイト2016 【東京都・銀座】

薔薇の花を沈めたキャンドル

イルミネーションがない銀座・コレドー通りを彩るのは、約2000個の薔薇のキャンドル。LED照明には無い自然で柔らかな灯りに、ほっと心が和みます。コリドー通りの飲食店が協力して開催する小さなキャンドルナイトですが、人の温かみを感じるイベントとなっています。環境美化に配慮し、先着1000名に携帯灰皿の配布を行っています。

 

  • 【参考サイト】NEXT
  • 【日時】2016年12月22日(木)  19:00〜23:00 ※雨天時23日に延期
  • 【場所】東京都中央区銀座6丁目〜7丁目 銀座コリドー通り
  • 【アクセス】JR各線・東京メトロ銀座線・都営浅草線など「新橋駅」から徒歩約10分

 

 

キャンドルガーデン【神奈川県・石川町】

横浜の西洋館でキャンドルナイト

中華街や赤レンガ倉庫などが有名な横浜エリアですが、実は異国情緒溢れる西洋館もたくさんあります。その中の「山手イタリア山庭園」でクリスマス時期に開かれている「キャンドルガーデン」は、洋館のライトアップとあわせて楽しむ事が出来ます。

“世界のクリスマス”

期間中は各西洋館のライトアップやイルミネーション、コンサートなどのイベントも開催されています。特に世界各国のクリスマスの装飾や文化を紹介する「世界のクリスマス」展はおすすめ。キャンドル内との前に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

  • 【公式サイト】山手西洋館
  • 【日時】2016年12月23日(金) 日没〜20:00
  • 【場所】神奈川県横浜市中区山手町16 山手イタリア山庭園
  • 【アクセス】JR根岸線「石川町駅」から徒歩約5分

 

 

トワイライトキャンドル【神奈川県・箱根】

ガラスの森美術館のキャンドルグラス

庭園内のテラス・橋・通路等に様々なキャンドルが設置されます。プラスチックの入れ物ではなく、表情豊かなグラスに入れられた灯りはガラスの森美術館ならでは。ガラスで手作りのアクセサリー等を作る体験工房があり、思い出づくりにもぴったりです。

ガラスのクリスマスツリー

もう一つの見どころはクリスタルガラスで出来たクリスマスツリー。電飾などを使用せず、自然光で約6万5千粒のガラスがキラキラと光ります。一度は見てみたい芸術作品ですね。

 

  • 【公式サイト】箱根ガラスの森美術館
  • 【日時】
    《トワイライト・キャンドル》2016年12月1日〜12月25日 16:00~
    《クリスタル・ガラスのツリー》2016年11月1日〜12月25日
  • 【場所】神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48 箱根ガラスの森美術館
  • 【アクセス】東海道新幹線「小田原駅」下車、箱根登山バス(湖尻桃源台行)に乗車し約40分 など

 

 

東京近郊・キャンドルナイトまとめ

キャンドルナイトは日程が限られている場合がほとんどです。イベント自体があまり多くないので、お出かけの際は時間などにご注意下さい。灯火が儚いからこそ特別なキャンドルナイト。大切な人と見に行ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだあなたへ

 
tabica
TABICAでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、東京近郊で農業体験やものづくり体験、街歩き体験ができる着地型観光を提供しています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしを体験できるような企画内容となっていますので、日常ではちょっと味わえない体験に参加してみませんか?
詳細はこちら

メニュー