冬の醍醐味!氷上ワカサギ釣りを体験しよう!

冬の風物詩といえば「ワカサギ釣り」。雪深くない地域でも、ドーム船やボートから楽しむことができますが、今回は「氷上」で体験できるワカサギ釣りエリアをご紹介します。

【氷上ワカサギ釣りとは?】

401918209_4afa5b8145_b

出典:imnakashima

ワカサギとは、寒冷地の湖に生息する全長10cm前後の小さな淡水魚。冬から春にかけてが産卵期で、この時期が釣りシーズン。味も身が引き締まって適度に脂が落ち、この時期が最も美味しいとされています。淡白な味ながらDHA、EPAたっぷりで健康にも良いとされるお魚です。

ワカサギ釣りは「アイスフィッシング」と呼ばれ、湖の上に張っている厚さ50cmを超える氷に穴をあけて釣ります。水面が氷結していなければボート上から釣るスタイルや、「ドーム船」といって、屋根の付いた船の中に仕掛けをたらす穴が開いているという有料釣り場もあります。今回は氷上釣りに的を絞り、ワカサギ釣りに必要なものやオススメエリアをご紹介します。

【氷上ワカサギ釣りをするには何が必要?】

◼︎まずは防寒対策!!

12589805214_5473024c78_b

出典:Ryosuke Yagi

氷の張った吹きさらしの湖の上。ワカサギ釣りは極寒の中で行われます。「ジャンパーにマフラー」程度の防寒では寒さに耐えることはできません。

防寒着や毛糸の帽子を重ね着し、耳当てや手袋、カイロも必需品です。カイロは腰や足の裏にも使用しましょう。足元も通常の運動靴は役に立ちません。家にあるものを利用するなら、少し大きめの長靴の底にカイロを入れ、さらに厚手の靴下を履き、寒風が入らないよう靴の入口をコンビニのビニール等で塞ぐなど、対策をしましょう。スキー用のウェアや手袋、ブーツなどを利用するといいかもしれません。

また、現地でテント、ランタン、ミニストーブなどをレンタルしましょう。テント内で暖房機器を使用する場合は換気を十分に!外の新鮮な空気を循環させてください。初心者の場合はいきなりテント使用ではなく、氷上ドーム船や氷上テント小屋などを利用する方が安心かもしれません。ドーム船やテント小屋を利用する際は、船や小屋に入ると暖かい環境が保たれていますが、一歩外へ出ればそこは極寒の地。きちんと防寒対策は行いましょう。

自家用車で行かれる方で、氷上の湖へ釣行する際は、「四駆のスタッドレス」または、「タイヤチェーン(予備も含め)」がマスト!吹雪や大雪など、あらゆる事態を想定しておきましょう。どのような状況でも電話が出来るように予備の電池パックも所持しておくことをお勧めします。雪の予報が出ている場合、駐車する場所にも注意して下さい。「車のキー閉じ込め」や「紛失」「燃料切れ」には、くれぐれもご注意下さい。

◼︎必要なアイテムは?

6817696246_6331e8abd2_b

出典:Norisa1

氷上の場合は、おりたたみの椅子、クーラーボックス、指先だけ穴あきの手袋は各自用意しましょう。穴空けが初めての方は、釣具店で購入した際に使い方を聞いておくか、現地の売店やボート店に頼んで空けてもらった方が良いでしょう。氷上ドーム船や氷上テント小屋を利用する場合は乗船代金を支払って釣っているので、穴空けに関してもお店の方が世話をしてくれます。

ワカサギの穴釣りは、長さ30cm程度の竿とリール(糸巻)に、10個くらいの針が付いた仕掛けを繋いで足元の穴の中に落として釣ります。必要なアイテムは以下の通りです。

◼︎竿:手バネ竿で、ともに全長30cm~40cm程度の竿1本が必要です。

◼︎仕掛け:糸は、ナイロン製の0.6号~0.8号程度。30m程度巻いておけば充分。針は、釣り具店で「ワカサギ用」として売られている仕掛けを用意しましょう。

◼︎オモリ:初めての方は、1号と2号のナス型オモリがオススメ。釣具店で市販されている「ワカサギ仕掛け」の一番下に、ワンタッチで取り付けられます。

◼︎エサ:サシ、紅サシ、ラビット、赤虫などが一般的。擬似エサ(加工エサ)でも釣れます。

◼︎その他:小型ハサミ(エサを切ったり仕掛けの直しに)、小皿(エサ入れ)、手ぬぐい、タオルなど

【氷上ワカサギ釣りのオススメスポットは?】

5773718041_de1f907e82_b

出典:maskimur

「氷上」となるとやはり北海道エリアが圧倒的に多いですが、本州でも長野や福島、群馬などでは氷上ワカサギ釣りを体験できるエリアがあります。

◼︎網走湖(北海道)

%e3%82%aa%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%af

出典:オホーツク自然堂Facebook

北海道一のワカサギ漁獲量を誇る網走湖。全国の湖に放流されるワカサギの生産地としても有名です。網走湖のワカサギ釣りは氷上限定!氷厚が15cm以上になり安全が確認されると、解禁が発表されます。毎年12月〜翌3月中旬頃まで楽しめます。

網走市観光協会」や、「網走・知床のガイド オホーツク自然堂」ではワカサギ釣り体験ツアーなどを行っています。

【データ】網走湖

住所:北海道網走市字呼人823-2地先

解禁シーズン:12月〜翌3月中旬

時間:午前8時30分〜午後4時

料金:中学生以上800円、小学生400円、幼児無料、釣りアイテムレンタル1000円、貸テント2000円、天ぷらセット500円

問い合わせ:0152-48-2289(ワカサギ釣り会場)

 

◼︎阿寒湖(北海道)

2267022178_b985027763_b

出典:photography

マリモの生育地として全国に名を知られる釧路市の「阿寒湖」。こちらでも冬季は氷上ワカサギ釣りが楽しめます。ホテル、温泉街があるエリアなので、多くの観光客で賑わいます。手ぶらで参加できるレンタルセットや、ホテルや温泉などとセットになったプランなど、楽しみ方は様々です。「アイスランド阿寒」ではワカサギ釣りのプランの他、スノーモービル、バナナボートなど様々なアトラクションを体験できます。

【データ】阿寒湖

住所:北海道釧路市阿寒町阿寒湖上

解禁シーズン:1月中旬〜3月中旬

時間:午前8時〜日暮れまで

料金:一般1100円、小学生以下550円、レンタルセット1500円

問い合わせ:0154-67-2057(アイスランド阿寒)

 

◼︎松原湖(長野)

本州で氷上ワカサギ釣りが楽しめるスポット。長野県の八ヶ岳高原に囲まれた野性魅あふれる湖。標高1123m、大月湖、猪名湖、長湖とあるなかで、最大の猪名湖を一般には松原湖と呼んでいます。12月頃から長湖が氷結し、年明けから松原湖が氷結し始めます。

湖畔には武田信玄ゆかりの諏訪大社上社などがあります。また、八ヶ岳を取り囲むように、名湯、秘湯の温泉も湧き出ています。ワカサギ釣りを楽しんだ後は、温泉で温まるのもいいですね。「リゾートイン立花屋」では、釣り船やレンタル用品も揃っています。宿泊や食事もできます。

【データ】松原湖

住所:長野県南佐久郡小海町豊里

解禁シーズン:12月中旬〜翌3月中旬

時間:午前6時30分〜午後4時40分(1月まで)、午前6時30分〜午後5時(2月以降)

料金:500円(中学生まで無料)、立花屋でのレンタル:貸竿800円、仕掛とエサ500円程、穴あけドリル1000円、テント1500~2000円、ヒーター1000円

問い合わせ:各レンタル屋、宿泊施設、ロッジなど

 

◼︎中綱湖(長野)

青木湖、木崎湖を含む「二科三湖」の中で最小の湖。1年を通じて釣りができ、1月下旬〜2月頃までは氷上釣りが楽しめます。ただし、 氷厚が20cmを越した年のみ解禁となります。レンタルなどはないので、道具、食事などすべて持ち込みです。中、上級者向けのエリアです。

【データ】中綱湖

住所:長野県大町市平

解禁シーズン:1月〜2月

時間:午前8時〜午後4時

料金:1日券1000円

問い合わせ:0261-23-1086(青木湖漁業協同組合)

 

◼︎磐梯高原・桧原湖(福島)

福島県、磐梯高原に位置した桧原湖は、東北のワカサギ釣りの聖地です。桧原湖は磐梯山の噴火で川がせきとめられて出来た湖で、最大水深は約30m、湖周30km。冬季は氷上でワカサギ釣りが楽しめます。磐梯山を中心とした桧原湖周辺は温泉地帯。ペンションや宿とのセットなども豊富です。レンタルボードやドーム船、氷上小屋など様々なお店があるので、気軽に利用してみましょう!

【データ】磐梯高原・桧原湖

住所:福島県耶麻郡北塩原村桧原

解禁シーズン:11月〜翌3月

時間:各店、宿泊施設による

料金:700円(船釣1000円)、ドーム船などは各店による(だいたい3000円)

問い合わせ:各店、レンタルショップ、宿泊施設など

 

◼︎赤城大沼(群馬)

東京からも電車で行ける距離の群馬県前橋市。この前橋市にある赤城大沼も氷上ワカサギ釣りができるスポットです。平野部での北風を「赤城おろし」と呼ぶだけあって、その寒さは群馬県内のワカサギ釣場でも1、2の寒さ!しっかり防寒対策しましょう!

周辺には「青木旅館」の「青木別館」や「グリーン荘」など、テントや釣り道具のレンタルなどをしてくれる宿泊施設が。特に青木別館の若旦那さんは、釣れそうなポイントまで共に案内してくれるなど、初心者の頼れる存在になっています。

【データ】赤城大沼

住所:群馬県前橋市 富士見町赤城山

解禁シーズン:9月1日〜翌3月31日頃(氷上は1月〜3月)

時間:午前6時〜

料金:700円(小学生以下は無料)、レンタルボート3000円、

青木別館によるレンタル:貸し竿1000円程、仕掛け、釣り具あり。カタツムリ型テント2000~3000円程 ドリル50分1000円程 突棒500円程、エサ各種あり

問い合わせ:各店、レンタルショップ、宿泊施設など

 

【ワカサギを釣ったら!】

%e3%83%af%e3%82%ab%e3%82%b5%e3%82%ad%e3%82%99

出典:オホーツク自然堂Facebook

ワカサギを釣ったら、獲れたてのピチピチを天ぷらにして頂きましょう!熱々のサクサク!冷たい空気の氷上で味わう新鮮なワカサギは最高です!

いかがでしたか?ワカサギシーズン到来の冬。ご家族で、友達で、カップルで、氷上ワカサギ釣りを楽しんでみませんか?

この記事を読んだあなたへ

 
tabica
TABICAでは気軽に釣りを体験できる企画を開催しています。釣り初心者からやってみたい人まで参加できますので、釣りデビューしてみませんか。
詳細はこちらf

メニュー