TABICAホストのためのノウハウ・情報サイト

【プロフィール】写真は、とても重要!ゲストから好かれる【プロフィール写真】とは?

皆さん、ご自身の「プロフィール」はどのように入力していますか?

 

「最初に登録してそういえばそのまま放置したままだった・・・」

 

そんなホストが、実は多いのでは、ないでしょうか?
直接お会いすることを前提に、ゲストは予約やリクエストをしますので、
ホストの「見た目」「第一印象」はとても大事な要素です。

そして、体験予約時には必ずホストプロフィールをゲストが閲覧する仕様になっています。

 

今回は「プロフィール」「写真」について、予約率が高まるポイントをご紹介します。

 

 

「プロフィール写真」について

写真については人それぞれ、個性がわかる写真が良いと思いますが、
以下の要素は、多くの人に当てはまるかと思いますので、ぜひご参考ください。

 

印象がよくない写真「5つのポイント」

 

(1)顔が見えない・表情がわからない

多いのが顔がわからない写真です。

背中の写真や、顔が小さく映りすぎて、表情が見えない写真です。

なかなかお会いするイメージがもてないので、予約に至らないケースが多いです。

 

(2)低画質

画質が悪くて、あまりうまく顔の表情や、その人の雰囲気が伝わってこないケースです。

※サイズは幅512px以上が推奨です。大きいサイズの写真でも、520 x 520pxのサイズにて表示されます。

 

(3)証明写真(履歴書などで使う)

その人の人となりがあまり伝わってこないので、避けた方が良いです。

 

(4)自撮り

自撮りは、なかなかハードルが高く、うまく撮影できないケースが多いです。

カメラに親しい方でない限り、できるだけご友人・ご家族など、自分以外の人に撮影してもらうようにしましょう。

 

(5)スノーなどのアプリで加工されている

あまり少ないケースですが、スマホアプリで違和感のある加工がされている写真は本来の雰囲気が伝わらないケースが多いです。

 

以上、5つのポイントでした。皆様は該当していませんでしたか?

該当していたら、ぜひ、修正をしましょう!

 

では、どういった写真が良いのか、ご紹介できればと思います。

 

印象が良い写真「2つのポイント」

 

(1)趣味を楽しんでいる写真

趣味を楽しんでいる雰囲気が伝わる写真はとてもおすすめです。

ご自身の表情と、趣味が分かるモノが写っている写真です。

「この方は、この分野をすごく好きそうだなぁ」ということをゲストも連想しやすいです。

また、ご自身のペットなどと一緒に映るのも良いと思います。

さらにいうと、その趣味のテーマが体験内容にマッチしている、と、なお良いです。

 

 

(2)仕事を楽しんでいる写真

趣味と同様に、仕事を楽しんでいる雰囲気が伝わる写真でも問題ないです。

ご自身の表情と、仕事内容が分かるモノが写っている写真です。

「この方は、この分野に詳しそうだなぁ」ということをゲストも連想しやすいです。

さらにいうと、その仕事のテーマが体験内容にマッチしている、と、なお良いです。

 

以上、2つのポイントでした。

 

「印象がよい・よくない」の両方を網羅した写真を!

体験内容もそうですが、ホストの人柄などがゲストに「会いたい」と思わせる一つのポイントになります。

ゲストに「この人なら安心だ」「この人なら詳しそう」「この人に会ってみたい」と思ってもらうのが大切です

 

プロフィールの「写真」の部分が、完成したら、

次は、プロフィールの「自己紹介文」について、アップデートしていきましょう。