TABICAホストのノウハウ・情報サイト

子供の写真を撮るときに気をつけること

今日の楽しい思い出を写真に残してあげたい。
ゲストさんの1日の素敵な思い出を写真に収めたい。こんなに盛り上がっていることを
多くの人に知ってもらいたくてアップロードしたい。

そう思っている全国のホストさん、またはゲストさんが多いのではないでしょうか?
しかし、容易に子供の写真をSNSに載せることにはリスクがあります。

インターネットに写真を載せるとあっという間に拡散してしまいます。あなたの子供の写真も知らないところで拡散してしまうかもしれません。

子供を撮ることの写真撮影のリスク

米国では、知らない子の写真を、Facebookに自分の子供の写真としてアップロードされていた事件があったことも。

写真からは位置情報が特定することもできてしまいます。
画像に付与される情報には、撮影した日時や位置情報が付与されていて、不特定多数の人に、日時や場所を特定されてしまう危険性があります。

子供の写真をアップロードすることで、トラブルや誘拐などの犯罪に巻き込まれるかもしれません。せっかくの、体験の楽しい思い出が、悲しい事件になってしまったら、元も子もありません。

子供の写真撮影には、十分に注意しましょう!

 

子供の写真撮影をするときの注意

①場所が特定できるものを移らないようにする

特に、背景から場所が特定できてしまうような場所。自宅周辺や学校、公園などが背景に写り込んでしまうと、場所を特定されてしまうリスクが上がりますので注意しましょう。

 

②画像に名前は絶対載せないこと

画像と一緒に名前を載せないこともリスク軽減の方法です。
画像に子供の名前を載せてしまうと、個人を特定できる可能性があります。個人名はもちろん、ニックネームを載せるのも避けて、イニシャル等個人名が特定できない方法で記載するようにしましょう。

 

③顔や目を隠すこと

 

④写り込んでいる他の人に配慮すること

必ず事前に許可を撮る、他の人が特定できないような加工をするといった配慮をしましょう。