TABICAホストのノウハウ・情報サイト

体験当日は準備と時間にゆとりを持つこと

ゲストは待たせず、必ずお迎えしましょう


体験の当日は、開催時刻より10〜15分前には準備を整え、ゲストを迎える体制でいてください。

基本的に、ゲストは初めての場所に来ることになります。行ったことのないところに行く時には、ゲストはこんな状態におかれます。

・歩いたことのない道を歩く
・乗ったことのない路線のバスや電車に乗る
・現地までの距離、時間の感覚がないため、遅れやすい

不慣れな状態により、集合時間に遅れてしまうことは決して少なくはないです。道がわからないことでゲストからホストへ連絡が入ることもあります。

 


そういった場合に、ゲストからの連絡をすぐに受け取れる状態であることが重要です。

他にも当日は、
・天候による公共交通機関の遅延、麻痺
・現地に向かうまでに、ゲスト側で何かしら事故やイレギュラーが発生
など

突然巻き起こることはわりとあります。特に自然体験ですと、遠方から来られたりしますので注意が必要です。


そういった何かあった際に、受け入れ側がフォローしてあげることが大事になってきます。とはいえ、ゲスト側にも余裕を持って出発してもらうなど、対策は必要です。

例えば、
・開催日前日、または当日の2時間前などに、マイページのグループ、DMで時間に余裕を持って来てもらう旨を伝えておく
・体験ページの集合場所をわかりやすく記載する
・現地までの行き方で、不安や不明点はないか確認する

といった、事前の対策で事故や遅れは防げます。

ぜひ、安心、安全に体験が開催できるよう、事前準備と当日の時間にはゆとりを持ち、ゲストを迎えることを心掛けてください。