TABICAホストのノウハウ・情報サイト

TABICAの規約や体験のルールまとめ!★ケース事例付き★

※この記事は7分~10分で読むことができます。

現在TABICAでは、実際に対面で会って行う「オフライン体験」と、ビデオ通話やウェブ会議サービスなどを使ってインターネット上で顔を合わせて体験を開催する「オンライン体験」を掲載することができます。

TABICAでは、ホスト・ゲストの双方が、安心安全に体験を楽しめるよう、オフライン・オンライン両体験において、ルールや規則を設けています。

今回は、ホストが体験を作成するうえで、把握しておく必要のあるルールや規則をNG例、OK例なども織り交ぜつつ徹底解説いたします!

様々な体験の実施を可能なものにするため、運営では常にルールの見直しを行っています。
TABICA創設初期からルールが改定されていること、また意外と忘れがちなルールもあると思いますので、すでに体験を開催していらっしゃるホストさんも、この機会に改めて確認してみてくださいね!

 

▼TABICAのルール・規約▼

以下、対面(オフライン)体験、及びオンラインでの体験における共通の禁止事項です。

【体験時に勧誘・物販を行うことについて】

自身が登録している○○(サービス名)が物凄く良いので、体験に参加した人はみんな加入・購入してください!などの強い勧誘と取られる声かけはNG!

ゲストに対して、ほかの営利団体やサービスへの入会を斡旋したり、ホスト自身が取り扱う商品を執拗に勧める、特定の物品の購入を強制する、などの行為は禁止です。

もちろん、一般的な常識の範囲内でゲストからの要望に応じて販売していただいても大丈夫です。

★ケース事例★

OK:雑貨店を営んでいるホストが店頭でワークショップ体験を行った際にゲストがお店の商品を購入する。

OK:農産物を販売しているホストが畑で収穫体験を行った際にゲストが野菜を購入する

NG:事前アナウンスのない物品の強引な押し売り

NG:自身の所属する団体やサービスへの登録を執拗に勧める

※原則として、体験当日に支払が発生する可能性がある場合(体験中の交通費や飲食代など)には事前に体験ページで告知をお願いします!

 

【他の予約サイトへの誘導を目的としたURL掲載について】

他のプラットフォームや自社サイトでも予約受付してるし、そこへ誘導するためのURLを載せよう!などの他サイトへの誘導行為はNG!

TABICAの体験紹介ページに、別媒体の予約サイトのURLを掲載することは禁止です。

なぜなら、TABICAを経由して他の予約サイトで予約されてしまう可能性があり、TABICAにとって機会損失となるためです。(※ TABICA利用規約第5条(12)(15)の違反)

「別媒体の予約サイト」とは、自社サイトやホスト自身のSNS上の予約フォームなども含みます。

同じ体験内容にてTABICA以外でも集客をする場合には、以下のいずれかをご検討ください!

★OK例★

①同日同時刻の募集を避け、別日程を設ける

②TABICA以外のページ(例:自身のHPなど)にTABICAのURLを設置し、申込ルートをTABICAに統一する

TABICAゲストとTABICA外ゲストが同時刻で同体験に参加しないようご注意ください!(詳細は事項にて)

 

【TABICAを通さないゲストとTABICAゲストを同時刻に体験に参加させること】

他のプラットフォームと集客を併用したいので、サービスAから5人、TABICAで5人を集客し、計10人で体験を行おう!などの他サイトとの同時集客はNG!

参加料金の違いや体験内容の違い、ゲストが想定していた参加人数と当日の人数に差が発生すると、満足度を下げる結果となりトラブルも発生しやすくなるため、TABICA以外の媒体から予約した参加者と、TABICAから予約したゲストを同時に体験に参加させることはできません。

★ケース事例★

OK:自身のHPに掲載している体験と同じものをTABICAに掲載すること

NG:自身のHPで募集している日程と同じ日時でTABICAでも募集すること

TABICAで募集した日程にはTABICAで集客したゲストのみが参加するように調整をお願いします。同じ日にちに実施する場合は、必ず開催時間をずらしてください。

 

【TABICAを通さずゲストホスト間で直接取引を行うこと】

TABICAを通してのやり取りではなく、直接メールなどでやり取りしたいので、メールアドレスを教えてください!などのTABICA外へ誘導する声かけはNG!

TABICAを通さず直接ゲストと取引を行うことや、ゲストに直接取引を持ちかけることはトラブルの原因にもなりうる重大な利用規約違反です。

直接取引への誘導が発覚した場合、ゲストホスト問わずアカウントの停止対象となる場合がありますので十分にご注意ください。

★ケース事例★

OK:体験のタイアップ企画の持ちかけなど、すべてTABICA内部で完結するもの

NG:メッセージなどで、メールアドレスやLINEなどの個人情報を聞き出す行為

NG:自身の行うサービスへの勧誘や引き抜き行為

 

【ゲストから体験料金 / 追加料金を現金で受け取ること】

当日になり、材料代をカンパしてもらうために1人500円を現地徴収する!などのTABICA外で金銭のやり取りを行うのはNG!

TABICAでは、すべての体験において事前決済が原則であり、ホストが直接ゲストから現金などで体験料金/追加料金をTABICA外で受け取ることは禁止です。

当日、体験料金を直接もらったり、追加で現地決済を行った場合は、システム外にて調整が必要となりますので、必ず運営まで報告してください。(翌月末のお支払いから現地決済分のサービス手数料を差し引かせていただきます。)

やむをえず事後決済となってしまう場合は、必ず運営に報告し、TABICAが定める方法での対応をお願いします。

★ケース事例1★

OK:当日飛び入り参加のゲストがいたので、後日TABICA経由で支払ってもらうよう案内、自分からも事務局へ連絡した。

OK:ゲストに話が通じず当日体験料金を受け取ってしまったが、事務局に連絡を入れた。

NG:その場でゲストから現金を徴収し、運営にも黙っていた。

★ケース事例2★ワークショップにおいて、ゲストから「制作物を追加で作りたいので、現金で支払う」と提案された場合

OK:追加作成はOKに、ただし現地決済はお断りし、後日TABICA経由で支払ってもらうよう案内した。

NG:その場でゲストから追加分の料金を徴収した。

※トラブルが発生した際、TABICAのサポートを受けることができなくなります。

 

【異性との出会いを目的とした体験/行為】

体験を通じて出会った人と結婚やデートに繋がるような体験を行う!などの出会いを目的とした体験を行うのはNG!

TABICAの世界観、及びマッチングサイトとしての安全性を守るため、面識のない異性との出会いを目的とした体験や、パートナー探しを目的(婚活など)とした体験はTABICA上に公開できません。(※TABICA利用規約第5条(18)の違反。)

 

【他ユーザーの画像、文章などの無断使用】

1から体験ページを作るのも大変なので、他の人の素敵な体験の一部をコピペしちゃおう!などの転載行為はNG!

トラブル防止、またTABICAのコンセプトを守るため、他ユーザーの画像、文章などを無断で使用することは禁止しています。

サイトの性質上、似たような体験が出てきてしまうことは致し方ないことなので、運営が厳しく言及することはありません。

しかしながら、画像や文面からあきらかな模倣であると判断せざるを得ない場合には、予約受付停止、及び非公開とさせていただく可能性があります。(※TABICA利用規約第5条(4)の違反。)

★ケース事例★

OK:他ユーザーの体験紹介ページをみて、自分の体験の発想の参考として、オリジナルの内容で体験を作成した

NG:他ユーザーの【プロフィール】内容や【体験できること】の説明文、【体験画像】などをそのまま無断で使用した

 

【子供のみの参加】

TABICAでは、システム上、必ず「大人」を1名以上を含まないと予約ができない仕様となっているため、未成年(高校生以下)のみ選択した予約はできません。

体験によって、子供のみの参加をOKとする内容を開催したい場合は、必ず保護者の同意を得ての参加となる体験を作成してください。その際、予約時の注意事項を必ず体験紹介ページに書きましょう。

★記載したほうがいいこと★

①体験例:保護者の送迎を必須にするなどの条件を書く

子供1名参加でも「大人」を選択しないと予約できないということを予め体験紹介ページに書く

 

おわりに

最後までお目通しいただきありがとうございました。

さまざまなルールがあり、多方面で活躍されてるホストさんには少々息苦しく感じる面もあるかもしれませんが、同時に細かなルールの中から、TABICAの思い描く世界が皆様に伝わることを願っています。

そしてTABICAの思い描く世界はいつでも、TABICAをご利用のユーザーの皆様に、安心安全にTABICAをご利用いただきたいという想いが根底にあります。ホストの皆様にはぜひご協力いただけますと幸いです。

今後も、ルールの中で有意義なホスト活動をお楽しみくださいね!