TABICAホストのノウハウ・情報サイト

【5分で読める】TABICAでオンライン体験をやってみよう!

オンライン体験とはなにか

ホストとゲストが同じ場所に物理的に集まって開催するのではなく、ビデオ通話やウェブ会議サービスなどを使ってインターネット上で顔を合わせて体験を開催することです。

オンライン体験では、物理的な距離もなくなり、スマホやPCがあれば参加できるので、より気軽に体験参加ができるようになりました。

今回は、そんなオンライン体験をTABICAのホストとして、実際に開催するためにはどうすればいいのかをまとめました。

【 関連記事】【動画公開】オンライン体験のノウハウ〜動画で学ぼう!オンラインイベントのプロ木村智浩氏〜

 

体験内容を考えよう

交流ができる体験を作りましょう。ホストからの一方的な発信ではなく、ホストとゲスト、ゲスト同士で交流ができる体験を作ることが大事です。

使用するオンライン会議ツールを選ぼう

オンライン会議ツールとは、複数人で同時参加することが可能なサービスです。ここでは、TABICAでオンライン体験を開催するうえでのオススメツールをご紹介します。

Zoom

〇Zoomとは

①基本無料(無料版は40分で接続が切断されます。)

②ゲストは登録不要で使用することができます。ホストは登録必須です。

 

〇使い方(ブラウザから作成する場合)

・Zoomアカウントを作成する

こちらのURLからメールアドレスを入力し、アカウントの作成を行ってください。仕事用のメールアドレスでなくとも問題ありません。

 

・ミーティングの作り方

①Zoomへサインインをして、右上のマイページへ移動します。

②移動後、「ミーティングのスケジュールする」をクリックします。

③開催日時や、所要時間を設定し、下にある保存を押すと、ミーティングを作成することができます。

(④そのまま詳細の設定をする場合は、次項の③からご覧ください。)

 

・ミーティングに参加してもらうには

①Zoomへサインインをして、右上のマイページへ移動します。

②「個人」の「ミーティング」から、参加してほしいミーティングを選択します。

③参加者を招待(Invite Link)のURLをコピーします。

④ゲストへURLを共有します。ゲストは③のURLからミーティングに参加します。

 

Google Meet(旧Hangouts)

〇GoogleMeetとは

①基本無料(時間制限なし)

②ホスト・ゲスト共にGoogleアカウントが必要です。

③サポートされているWebブラウザが限定されています。

 

〇使い方(ブラウザから作成する場合)

・Googleアカウントを作成する(既にお持ちの場合は次項からご覧ください。)

こちらのURLから、アカウントの作成を行ってください。

・ミーティングを作成する

①Googleアカウントにサインインします。

②「Googleカレンダー」を開きます。

③「+作成」ボタンをクリックして、予定を作成します。

④予定の時間や詳細を追加します。

⑤「Google Meetのビデオ会議を追加」をタップして、Google Meetのリンクをコピーします。

⑥ゲストへURLを共有します。ゲストは⑤のURLからミーティングに参加します。

 

〇その他のビデオ会議ツールについて

体験開催前に連絡先やアカウントの交換を必要とするツールに関しては、トラブルが発生する恐れもあり、推奨しておりません。

※詳しくは【ツールの準備について】

現在、TABICAではアカウント作成の必要もなく、どなたでも使いやすいZoomの使用を推奨しております。

 

体験紹介ページをつくろう

〇体験のタイトル

オンラインで開催される場合は、タイトルやメイン画像にオンラインにて開催されることがゲストにしっかり分かるように記載をしてください。

例)タイトルの冒頭に「オンライン開催」や「@オンライン」などのキーワードを入れる。

〇画像

画像には、オンラインでの開催というのが伝わるように、「オンライン開催」などのテキストを入力することをおすすめします。

〇体験できること

体験できることには、オンラインでの開催というのが伝わるように下記のような文言を入力してください。

「この体験はオンラインで開催します」

「○○(使うツールの名前を入れる)を使ってオンラインで開催する体験です」

「○○(使うツールの名前を入れる)のURL/IDは事前にグループでご連絡します」

※使用ツールを「何を使うか」の記載は必須ですが、予約者以外もアクセスできてしまうのでウェブ会議ツールのアクセス用のURLは記載しないでください。

〇集合場所の住所

TABICAでは、システム上開催場所の住所を入力しないと体験紹介ページを公開できません。

住所の欄には下記のような文言を入力してください。

  • この体験は○○(使うツールの名前を入れる)によるオンライン体験です

※住所を入力すると、誤ってゲストが来る恐れがありますので、入力しないようお願いします。

〇開催エリア

開催エリアには、「オンライン」を選択してください。

※「オンライン」を選択いただくと、集合場所の地図は非表示となります。

〇開催前日までにやること

・接続方法の連絡について

オンライン体験を予約したゲストにはグループメッセージにて、事前に接続方法を連絡するようにしてください。

・使用する機器について

体験開始時刻の15分前にはミーティングに参加し、ホスト自身の音声・動画のチェックを行い、ゲストも接続テストを行えるよう準備することをおすすめします。

通話にはマイク付きのイヤホンを使用するとハウリングが起こりづらいので、おすすめします。

・通信状況の確認について

ホストは通信状況の良い場所からの接続をお願いします。

〇開催中の注意点

・オンライン体験のルールについて

詳しくはコチラ

・接続トラブルについて

「オンライン接続ができない」「音声が聞こえない」「映像が映らない」といった

接続に関するトラブルが起きた場合は、ゲストと協議の上、開催をキャンセルするか日程を改める等の対応をおこなってください。

※当日の接続トラブルについて運営事務局でサポートすることはできませんのでご了承ください。

・マイクのミュートについて
参加人数が多い場合、発言しないゲストには、都度マイクをオフ(ミュート)にしてもらうことをオススメします。

開催後にやること

・グループでメッセージを送りましょう

一言お礼、写真や感想の共有をしましょう。終わった後も、参加前と同様、コミュケーションを忘れずに!

・レビュー機能で感想の投稿を依頼しましょう

レビューを貯めることで、次回以降の体験へ予約が入りやすくなります。

また、レビューを真摯に受け止め、今後に活かしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?オンラインでの体験は日々様々なコンテンツが増えています。今回は体験を作成~開催までの簡単な流れを記載いたしました。

ここに書いていない便利な機能や使い方などもありますので、その中からご自身の体験に合った機能を活用方法なども是非調べてみてください!

 

TABICAでは、定期的にオンラインホストを目指す方への説明会も行っております。

もしよろしければ、こちらにも是非ご参加くださいませ!

【オンライン開催】TABICAでオンライン体験のホストになりましょう!